東京電力

社会

福島原発被災児童の作文でわかった“1000日の慟哭”(2)「時が過ぎても心は癒されない」

福島においては、男児のみならず女児にも、深刻な悩みをもたらしている。激しい怒りを原稿用紙5枚にぶつけたのは、富岡町の小学校4年生の女児だった。〈毒ガスが来るので〉何も持たずに家族と、福島県内を避難し続けた女児に一本の連絡が届いたのだ。〈ひい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , , , |
社会

東電原発事故“超A級戦犯”の逃げ切り厚顔生活を追求(2)「戦犯である関係者たちは知らぬ存ぜぬ」

東電のもう1人の超A級戦犯は、00年から02年まで東電社長で、事故当時は顧問だった南直哉氏(78)。電力自由化を図り、世界一高い電力料金を引き下げようという動きが、かつて旧通産省にはあった。政界人脈などを駆使してこれを全力で潰し、地域独占企…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

東電原発事故“超A級戦犯”の逃げ切り厚顔生活を追求(1)「罪悪感のカケラも無い…」

まったく事故への「反省なし」。東電原発事故の「超A級戦犯」たちは、今もぬくぬくと暮らし、ペテンを弄して原発再稼働へ動こうとしている。その生活ぶりたるや、厚顔と断じるほかないものだった。2313億円の黒字。東京電力が今年1月に発表した、昨年4…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
政治

「舛添VS細川・小泉連合」都知事選激突で気になるスキャンダル対決(3)

舛添氏を猛追するのが、1月14日に出馬表明した細川護煕氏(76)。全面支援に回る小泉純一郎氏(72)との元総理コンビで、無風状態だった選挙戦を一変させた。2人は「脱原発」で一致し、連携。東京都は原発事故を起こした東京電力の大株主であり、大き…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , , , , , , , |
社会

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(3)

被災地を取材し続けるジャーナリストの村上和巳氏が語る。「岩手、宮城では巨大津波に襲われ、多くの方が命を落としました。震災当初、火葬場が満杯で土葬したものの、2カ月後には腐乱状態で体液が滴るビニール袋入りの遺体を納めた棺を、不憫さのあまりに家…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , , |
社会

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(2)

地獄の業火のような福島県民の怒りは尽きない。中筋氏が被災地に入って感じたのは、ここに来て「帰還は無理かもしれない」と避難民が感じだしたことだ。「南相馬市の居酒屋に入っても、『自分の屋敷は1億や2億で売れるだろうか。いや、5000万がいいとこ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

震災から1000日が経過… 復興庁は発表できない被災地の終わりなきトラウマ地獄(1)

12月4日で東日本大震災発生から1000日が経過した。しかし、宮城、岩手、福島の3県を中心に避難者は今なお27万人を超え、被災者たちは心にさまざまなトラウマを抱えて日々苦しんでいる。復興庁発表の数字では表れない「地獄の現状」に迫った。復興庁…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , , |
社会

福島県民に緊急アンケート!県民のナマ肉声を届ける!(2)汚染物質の行き場はどこに…

今回、福島市長選挙で争点になった「除染問題」について、山本氏は語る。「福島市長選で初めて知ったのですが、福島市に渡利〈わたり〉という有名な高線量地域があります。とっくに除染したと思っていましたが、終わってなかったのです」福島市において除染は…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

闇金社長が「取り立て日記」に綴ったエゲツなさすぎるゼニ攻防!(1)一流企業の顧客は全体の1割

相次ぐ摘発にもかかわらず、依然として被害があとを絶たない闇金トラブル。その背景には、複数の消費者金融からカネを借り、資金繰りがままならない借り手の存在も無視できない。最近では一流企業の社員も手を出しているという「闇金」の知られざる実態を記し…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
政治

東京五輪招致決定!安倍総理の最終プレゼンに困惑する東京電力

「汚染水による影響は福島第一原発港湾内の0・3平方キロ圏内に完全にブロックされています」東京五輪開催が決まったIOCの最終プレゼン。その後で行われた記者との質疑応答で、安倍晋三総理は汚染水に関する質問によどみなく答えた。この日本政府の最高責…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(4) 社内でも不評を買う前社長

清水の退任後に社長に就任したのが西澤俊夫(61)だ。わずか1年間という短い社長就任期間で市民が西澤について覚えているのは、「値上げは事業者としての当然の権利」昨年11月に発したこの言葉ぐらいだろう。東電は今年9月から電気料金を値上げした。日…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(3) 事故対応と同じく逃げるのみ

事故当時の東電社長、清水正孝(68)も業務上過失責任が問われて当然の人物だ。勝俣と清水の事故後のあり方はまったく対照的だ。株主総会でも、政治家との交渉でも、マスコミへの対応でも、勝俣は常に矢面に立った。責任追及はのらりくらりとかわしながら、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(2) 直撃取材にも鉄面皮を貫く

東京電力の事故当時の会長、勝俣恒久(72)。都内の高級住宅街の中でもひときわ目立つ、高い塀の要塞のような一軒家が、勝俣の自宅である。会長を退任するまでは、ポリボックスが設置され、警官が常駐していた。今も15~30分の間隔で、警官の巡回がある…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(1) なぜ「発禁」にされたのか?

福島第一原発事故を巡り、多くの著作が刊行されている。そんな中、ある本が「発禁」扱いとなった。事故の直接的、間接的を問わず遠因を作り出した“原子力ムラ”の26人の人々を「超A級戦犯」として断罪したためだ。簡単には読むこ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |