政治

「舛添VS細川・小泉連合」都知事選激突で気になるスキャンダル対決(3)

20140130s

 舛添氏を猛追するのが、1月14日に出馬表明した細川護煕氏(76)。全面支援に回る小泉純一郎氏(72)との元総理コンビで、無風状態だった選挙戦を一変させた。2人は「脱原発」で一致し、連携。東京都は原発事故を起こした東京電力の大株主であり、大きな影響力を持っている。

 菅義偉官房長官(65)は「5000万円で辞めた人のあとに1億円もらって説明せずに辞めた人というのはどうなのか」と細川氏を牽制したが、まさしくそれが細川氏の泣きどころだ。

 細川氏は熊本県知事になる前の82年、佐川急便から1億円を借り入れ、総理在任中の93年に国会で「知事選の裏金ではないのか」と追及された。細川氏は「マンションの購入と自宅の山門、土塀の修理費用に充て、すでに返済した」と弁明したものの、真相をうやむやにしたまま辞任。わずか8カ月で政権を放り出す失態を演じた。

「細川氏は領収書の写しも提示しましたが、佐川急便の社名も押印もないいいかげんなもの。通常、佐川は飛脚マーク入りの領収書を発行しますが、それはコクヨの普通のやつでした。裏金だと白状しているようなものです」(政治部デスク)

 実はこの1億円疑惑が発覚する前、森氏は佐川幹部から重大な証言を引き出している。その内容は次のようなものだった。

「佐川清会長(当時)が病気で入院した時、細川氏がカネを借りたいということで秘書を伴って病室を訪ねてきた。そして『私は別荘にある古文書や骨董品も売りました。それでも足りません。だから支援をお願いします』と。佐川会長は5000万円を用意していました。細川氏の日本新党が躍進する93年の衆院選前、運転資金工面のため、党代表としてすがりついたということです。現金は細川氏が用意したカバンにしまわれました。私がそうした場面に同席したのは一度だけですが、別のスタッフも何度か居合わせています。ヤミ献金の総額は恐らく億を超えるのではないか」

 そしてもう一つ、カネにまつわる疑惑が存在する。

「98年に突然、議員辞職した背景には『オレンジ共済疑惑』が関係していると言われました」

 こう語るのは、政治部デスクである。オレンジ共済といえば、友部達夫元参院議員の政治団体が運営していた共済組合で、これを舞台に90億円もの巨額詐欺事件を起こした友部氏は逮捕、起訴され、00年に懲役10年の実刑判決を受けた。詐欺行為によって集めた資金の一部は政界工作費として流れている。

「当時、細川氏の名前も新聞報道などで登場し、数千万円を受け取った、と言われました。この件についても細川氏は何ら説明していません。当初、細川氏が1月17日に選挙公約を発表する予定がズレ込んだのは、佐川急便とオレンジ共済の件について質問された時の対応がまとまっていないため。事実、菅官房長官は追及する構えでいます」(前出・政治部デスク)

 そこへ新たに浮上したのが、「東京五輪辞退」を主張した一件である。

 これは昨年末に出版されたジャーナリスト・池上彰氏の著書「池上彰が読む 小泉元首相の『原発ゼロ』宣言」(径書房)で細川氏がインタビューに答え、

〈東京オリンピックだって、安倍さんが『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価は、もう格段に違ったものになっていたと思いますよ。(中略)安倍さんには、そう言ってもらいたかった〉

 東京五輪開催に反対する人間が都知事になろうというのはいったいどういうことなのか。

「細川氏は舛添氏らに、この件を徹底的に追及されるでしょう」(自民党関係者)

 脱原発政策も同様で、

「福島に太陽光発電所を造って東京で買うんでしょうか。細川氏にできることはほとんどありません。ある自民党議員は『もし細川氏が都知事になったら、1年以内にもう1回、知事選をやることになる。必ずまた投げ出すから』と言っていました」(前出・森氏)

 舛添氏、細川氏の「自爆スキャンダル」で最有力となるのは田母神俊雄氏(65)、宇都宮健児氏(67)──黒い都知事選にはそんな結末が待っているかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!