社会

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国の大学は反日活動で単位をくれるんだぜ!」

 ハ~イ! 皆さん!

 相変わらず多くの韓国人からネットを通じて、俺に殺害予告が来てるんだ。心配した日本の友達が寄付を集めて、新しい銃を買ってくれたくらいだぜ!

 脅迫者の正体は、韓国政府が国家予算を組んで運営しているネットテロ集団だ。表面上は市民団体でVANK〈バンク〉と呼ばれているんだが、もともとは1990年にできた単なる出会い系サイトだったんだ。

 韓国では高校卒業者の約8割が大学に進学するが、受験戦争がすごい。重圧に耐えきれずに自殺する子供が後を絶たないくらいなんだ。そこで、VANKは韓国各地で合コンを開くんだ。男女を交流させ、悩み相談をさせたりして、ガス抜きの場を提供しているってわけだ。

 その合コンでは「いかに日本が邪悪な国か」ってレクチャーが行われてるんだ。そして、「キミたちは韓国を邪悪な日本から守る戦士たちだ」と持ち上げる。受験で視野が狭くなっている子供たちの心理を巧みに利用して洗脳し、ネットで日本を攻撃するサイバーテロリストたちを生み出しているってわけなんだ。

 連中は「外交使節団」を自称しているが、実態は国内外に友達を作らせ、その友達に韓国のプロパガンダを吹き込んで広める集団なんだ。日本を貶めて韓国を持ち上げることであれば、事実はどうであれ、みずからの主張を言葉巧みに、ごり押ししている。

 地図には「日本海」や「竹島」と表記されてるよな? 連中は世界中の出版元に、「東海」や「独島」と表記させたり、併記するよう強要したりしているんだ。フランスでは「竹島が日本の領土である」という、ドキュメンタリー番組に抗議して、再放送が取りやめになった。CIAやホワイトハウスの署名サイト、日本の「2ちゃんねる」などにも攻撃を加えている。とんでもないサイバーテロ組織だろ。どこが市民団体だって話だよな。VANKの活動をすると、単位をくれる大学がいくつかあるくらいなんだ。ウソを世界中に広めることで単位が取れるんだぜ!

 いったいあの国はどうなってるんだ? VANKの主たる目的は「日本叩き」や「ディスカウント・ジャパン」だが、韓国の歴史を広めることでアジアの平和が保たれるとする「アジアピースメーカー運動」なども行っている。

 他国を貶めれば一番になれるなんてセコい考えの韓国が、アジアのバランサーになれるって本気で考えているのかよ。連中は、小学生まで利用してプロパガンダを流布する。最近でも、韓国の仁川〈インチョン〉国際空港に小学生を派遣して、中国人観光客に「反日で共闘しよう」という呼びかけビラを手渡している。

 子供を洗脳したり盾にする方法は、旧ソ連や東ヨーロッパの社会主義国が行っていた方法と同様じゃないか? 無垢な子供たちを洗脳して政治利用するのは、大人として最も恥ずべき方法だと思うが、韓国では政府が率先してこれを行っているんだぜ!

 日本はこのような隣国があることを理解して対処しなければならない。相手をよく知れば未然に防ぐことができるが、無関心が一番の敵だと思う。そのためにも事実を伝えていきたい。自分の命を守りながらな!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
2
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
3
爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた
4
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
5
水着姿で汗だく! 元AKB永尾まりや「火照り姿」にファン大興奮