社会

局長会議も進展なし…慰安婦問題で埋まらない日韓の深い溝(1)大戦犯は朝日新聞?

 日韓局長級協議が「慰安婦問題」によって空転した。一方、問題をたきつけた張本人は、シレッとした顔で独善的な理想論を振りかざしているのだ。

 4月16日、日韓局長級会議が、ソウルの韓国外務省で開かれた。23日のオバマ大統領(52)訪日を控え、アメリカ側から日韓関係の修復を要請されたためである。参加した伊原純一外務省アジア大洋州局長は、

「有意義な会議だった」

 とコメントしたが、ある政治部記者は、こう解説する。

「韓国側は『慰安婦問題』一点に議題をしぼってきました。日本政府が法的責任を認めることと、賠償の支払いで一歩も譲りませんでした」

 韓国側の要求に、安倍晋三総理(59)の土下座が含まれていることは言うまでもなく、日本側がその要求を飲むこともありえない。慰安婦問題はもはや迷宮入りの様相を呈しているのだ。

「次回、東京で開催されることが決まったものの、協議は一切進展しませんでした。韓国側が『慰安婦』を問題とするかぎり、日韓関係が改善されることはない状況です」

 日韓基本条約が締結されたのが1965年、以来、従軍慰安婦の存在は、日本政府内でもほぼ知られていなかった。問題となったきっかけは、91年8月、朝日新聞大阪朝刊の、

〈思い出すと今も涙元朝鮮人従軍慰安婦を韓国の団体聞き取り〉

 であることは、先週号で報じたとおりである。

 現在、国際社会で大きく日本人の地位を貶める慰安婦問題。その“大戦犯”とも言える朝日新聞では「韓国と語る」という隔週の連載記事がデジタル版で始まっていた。政治部記者が語る。

「記事は、日韓関係に関わった著名人のインタビューです。聞き手と書き手は朝日新聞の前主筆である若宮啓文さんです。主筆とは朝日新聞記者のトップ。若宮さんは、11年から約2年間主筆を務め、13年1月に朝日新聞を退社しているが、現在でも『前主筆』の立場で、日本、中国、韓国の諸問題について朝日の記事にコメントを寄せています」

「韓国と語る」は、来年の日韓国交正常化50周年を控え、同社が意気込みを持って挑んでいる企画だ。第1回目の冒頭で若宮氏は、現在の日韓関係を、

〈まさか、こんなことになるなんて‥‥と、多くの人が感じているのではないか〉

 と問いかけ、

〈空前の韓流ブームも起きたのに、いまの日韓は一体どうなってしまったのか‥‥〉

 と、嘆いてさえみせたのだった。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】