芸能

前田敦子 R15指定映画も本人出演シーンはR指定なし

20140807d

 舞台は東京・新宿歌舞伎町のラブホテル。ピンク映画の巨匠・廣木隆一監督と、これまた数々のポルノやピンク映画を手がけた脚本家・荒井晴彦氏のコンビ。そしてR15指定。こんな条件が整えば、誰しも「何か」を期待するのは当然である。だが、主演が元アイドルだからか、その「何か」がスッポリと抜け落ちていたのである。

 AKB48を卒業する際、前田敦子(23)は「本格的な女優を目指す」と宣言し、ドラマ、映画の世界へと飛び込んだ。映画監督、脚本家、評論家、配給・宣伝・興行関係者、映画製作者らが選考委員として投票する日本映画プロフェッショナル大賞では12年度に「苦役列車」で、13年度は「もらとりあむタマ子」で、2年連続の主演女優賞を受賞するなど、一定の評価を得ているように見える。

「さよなら歌舞伎町」(東京テアトル/来年1月公開)は、歌舞伎町ラブホテルの店長・徹を若手俳優の染谷将太(21)が、有名ミュージシャンになる夢をかなえようともがく女性・沙耶を前田が演じる。2人は倦怠期を迎えた同棲カップルという設定だ。映画メディアでは「身も心もむき出しになった男女がラブホテルで出会った時に何が起きるのか」という報道もあり、いやが上にも期待感は高まろうというものだが‥‥。

 映画製作関係者が渋い表情で言う。

「作品には元AV女優などのいわゆる『脱ぎ要員』が複数出演しており、R15指定はそのせいです。前田の露出が過激だからではありません。露出といっても、せいぜいキャミソール姿と、コトが終わった直後の、シーツにくるまっているシーンだけ‥‥。ラブホテルの部屋に前田がいるという状況だけが、ファンが興奮する要素ですかね」

 ピンク映画出身の廣木監督は一般作のメガホンを執ってからも「さわこの恋」で斉藤慶子を初脱ぎさせ、「ヴァイブレータ」では寺島しのぶがトラックの中で激しい性行為に及んだ。荒井氏もまた、監督・脚本を手がけた「身も心も」では、かたせ梨乃の壮絶なカラミを演出したほか、石田えりの「遠雷」、吉本多香美の「皆月」など、際どいシーンを描き出している。なのに、である。

 映画ライターの若月祐二氏も落胆の色を隠さない。

「女優としての凄みが感じられないんですね。まだアイドル的な部分を引きずっている気がします。写真集では手ブラまでやっているのに、なぜこんなに露出がないのか。しかもテーマがテーマでしょ。ベッドシーンぐらいあって当然だと思いますよ。大人の女優になるのなら、真木よう子を見習って、それなりの覚悟でズバッと脱がないと。このままでは(同じく女優に転向している)ライバルの大島優子に先を越されてしまうんじゃないですか。彼女はAKB時代、楽屋でしょっちゅう裸になっていたというし、脱ぐことにさほど抵抗がないんじゃないかな」

 上映されれば大ブーイング必至である。なぜこんなことになったのか。先の映画製作関係者が、舞台裏を明かす。

「もともとの脚本には主演のベッドシーンが書かれてありました。もちろん全裸です。ところが前田に決まった時点で、全て削られてしまった。事務所からNGが出たからです。前田中心の現場に変わってしまい、監督が愚痴っていたとも‥‥」

 撮影中、染谷が走るのを見ているシーンで2時間もNGを連発したあげく、「納得いかない」と監督に逆ギレし、控え室に立てこもったという前田。本格女優と言いながら脱げないアイドル女優は、NGの上塗りをしたのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!