芸能

クマムシ、8.6秒バズーカーが大ブレイクも「歌ネタ芸人」は使い捨て要員!?

20141126logo

 アイドルソング漫才でブレイク中のお笑いコンビ・クマムシが、2月4日に「あったかいんだからぁ♪」でCDデビューすることが発表された。

 AKB48やBIGBANGのメンバーをはじめ、きゃりーぱみゅぱみゅとSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseのカップルもハマったことから、ネットユーザーを中心に人気が拡大。とうとうCDをリリースするまでに至ったのだ。

 一方、小学生から高校生を中心にブレイク。意味不明の「ラッスンゴレライ」という言葉をリズムに乗せて歌うお笑いコンビが8.6秒バズーカーだ。二人の掛け合いが耳に残って口ずさんでしまうと話題を呼び、今ではネタ見せ番組の常連となっている。

「もしかしてだけど~♪」でおなじみ、昨年のどぶろっくのブレイクにはじまり、2015年もお笑い界は「歌ネタ」が引き続き流行の予感だ。

 クマムシはお笑いの風貌でありながら、甘い歌声と高い歌唱力でなりきって歌い上げるそのギャップで笑いを誘い、対して8.6秒バズーカーは、オリエンタルラジオの「武勇伝」や藤崎マーケットの「ラララライ体操」のように、繰り返し同じフレーズを歌って笑いの空気を作るパターンは「リズムネタ」とも言われ、ヒット作が多いジャンルである。

「クマムシの『あったかいんだからぁ♪』は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1グランプリ』でパクったことでも評判になりましたが、お笑いは多くの人にマネされることがブレイクのきっかけとなる。なかでも歌ネタはマネしやすく、広まりやすい特徴を持っています。両コンビとしては、これで第一関門突破というところでしょうが、逆に言えば、今後も多くの若手芸人たちがブレイクのきっかけを狙って歌ネタに挑んでくるでしょう。結果、同じようなネタがテレビに溢れ、視聴者に飽きられては使い捨てにされる、そんな歌ネタ芸人が増えることも懸念されます」(芸能ライター)

 テレビ出演に加え、動画サイトでも繰り返しネタが観られる昨今、広まるスピードも速いが賞味期限も短くなっている。若手芸人にとってはなんとも悩ましい時代になりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される