芸能

クマムシ、8.6秒バズーカーが大ブレイクも「歌ネタ芸人」は使い捨て要員!?

20141126logo

 アイドルソング漫才でブレイク中のお笑いコンビ・クマムシが、2月4日に「あったかいんだからぁ♪」でCDデビューすることが発表された。

 AKB48やBIGBANGのメンバーをはじめ、きゃりーぱみゅぱみゅとSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseのカップルもハマったことから、ネットユーザーを中心に人気が拡大。とうとうCDをリリースするまでに至ったのだ。

 一方、小学生から高校生を中心にブレイク。意味不明の「ラッスンゴレライ」という言葉をリズムに乗せて歌うお笑いコンビが8.6秒バズーカーだ。二人の掛け合いが耳に残って口ずさんでしまうと話題を呼び、今ではネタ見せ番組の常連となっている。

「もしかしてだけど~♪」でおなじみ、昨年のどぶろっくのブレイクにはじまり、2015年もお笑い界は「歌ネタ」が引き続き流行の予感だ。

 クマムシはお笑いの風貌でありながら、甘い歌声と高い歌唱力でなりきって歌い上げるそのギャップで笑いを誘い、対して8.6秒バズーカーは、オリエンタルラジオの「武勇伝」や藤崎マーケットの「ラララライ体操」のように、繰り返し同じフレーズを歌って笑いの空気を作るパターンは「リズムネタ」とも言われ、ヒット作が多いジャンルである。

「クマムシの『あったかいんだからぁ♪』は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1グランプリ』でパクったことでも評判になりましたが、お笑いは多くの人にマネされることがブレイクのきっかけとなる。なかでも歌ネタはマネしやすく、広まりやすい特徴を持っています。両コンビとしては、これで第一関門突破というところでしょうが、逆に言えば、今後も多くの若手芸人たちがブレイクのきっかけを狙って歌ネタに挑んでくるでしょう。結果、同じようなネタがテレビに溢れ、視聴者に飽きられては使い捨てにされる、そんな歌ネタ芸人が増えることも懸念されます」(芸能ライター)

 テレビ出演に加え、動画サイトでも繰り返しネタが観られる昨今、広まるスピードも速いが賞味期限も短くなっている。若手芸人にとってはなんとも悩ましい時代になりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬が「Mステ」で見せた難易度MAXの立ちポーズにファン驚愕
2
古舘伊知郎が「小川アナは櫻井くんに会いに行っていた」と暴露しファン大激怒
3
エマ・ワトソン、バラまかれた“秘部なし”私的写真に全世界がため息!?
4
マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声
5
「相棒」最終回に2年越しの伏線が!?成宮寛貴は以前から復讐に手を染めていた?