事件

麻原彰晃「6月死刑執行」の戦慄現場!(4)体を引きずられて絞首台へ

 この元教戒師が語る。
「映画のように、その日は突然、やって来るわけではない。実際には、教戒師が前もって死刑囚に面会し、『何か家族に伝えたいことはあるか』などと問いかける。死刑囚はこれで死刑執行の近いことを知るが、以後、大半の死刑囚は食事が喉を通らなくなる。執行前夜には豪華な夕食も出されるが、まったく手をつけられない死刑囚も多く、事前告知はむごいと感じたこともありました」
 そうして迎えた死刑執行当日の朝、パタパタという複数の足音が近づくや、数人の刑務官によって独房の扉が開かれ、「本日これより死刑を執行する」旨、死刑囚に伝えられる。元教戒師が続けて明かす。
「死刑囚は正座の姿勢で宣告を聞いているが、大半は自力で立ち上がることすらできない。多くの場合、刑務官が両脇を抱えて刑場に連れていくことになるが、あまりの恐怖で体が硬直してしまうのか、両足を伸ばしたまま、ズルズルと引きずられていく死刑囚も多い。引きずられながら、『ウー、ウー』などと、言葉にならない声を発する者も‥‥」
 絞首台のある部屋に入ると、顔なじみの教戒師が待っている。目の前には小さな祭壇。この祭壇は戸板返しになっており、死刑囚は仏像とイエス像から好きなほうを選ぶことができる。簡単な祈りのあと、最後に菓子と茶を勧められるが、
「それらを口にする者はほとんどいない。恐怖の時間をできるだけ短くすべく、刑務官らは死刑囚をすぐに絞首台へ向かわせようとするが、体をブルブルと震わせて失禁し、うめきながら教戒師にすがりつく者もいる。最後は力ずくで絞首台に連れていかれ、頭に目隠し用の袋をかぶせられるや、直ちに死刑執行のボタンが押されます」(元教戒師)
 実は、東京拘置所は97年に改築工事が始められ、06年までに全ての工事が完了している。その際、かつてあった階段式の絞首台は、いきなり足元の床が開く平地式のものに変えられた。死刑執行までのプロセスを含め、若干の変更点がないわけではないが、いずれにせよ、死刑囚にとってXデー当日は想像を絶する戦慄の一日となるのだ。
「(麻原の異常行動は)詐病だと思う。(麻原は)そういうことをする人間だ」
 大みそかに出頭した平田被告は、接見した弁護士にこう語ったという。
「松本死刑囚には、詐病の末に狼狽した死刑執行日を迎えるのではなく、それまでにオウム事件の真相をぜひ語ってほしい」(前出・法務省大幹部)
 残る期限は、あと5カ月余り──。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年“メタボ”おやじからカッコイイ上司へ変わる食習慣とは?「酵素」の消化活性力に注目!

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
2
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
3
藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を総「公開処刑」した!
4
梅宮アンナ「子供がしまむら服ならイジメに遭う」発言に批判殺到
5
くわばたりえ「スタバ店員は自意識過剰」発言に批判殺到!黒歴史も掘り返される!?