事件

麻原彰晃「死刑執行」で安倍総理に「毒殺」の魔の手?(3)判明した5つの「報復シナリオ」

 実際にこの施設を訪ねてみると、看板すら掲げられておらず、その不気味さについて、近隣の住民もこう話すのだ。

「現在、40~50人くらいの信者が暮らしているようですが、我々近隣住民との交流は一切ありません。信者は気持ちの悪いヤツらばかりで、帽子を深くかぶってマスクをし、ずっと下を向いたままバス停まで歩いていったり、浮浪者のような風体のおばあさんがウロウロしていたり。ここ数年、施設内は異常なほど静かですが、麻原が死刑になったら何が起きるのかと、住民は皆、心配しています」

 東京拘置所周辺でも「異変」は起きており、

「拘置所と隣接した公園には、今もたびたび信者が集まって、拘置所に向かってお祈りをしていますよ。今年の正月にもやってましたね。拘置所の周囲をグルグルと歩いている信者も見かけます。『経行』と呼ばれる修行らしいですが‥‥」(近隣住民)

 そうした、今も「麻原信仰」を根強く持つ信徒の動きに対し、法務省内からも不安の声は上がっている。同省幹部によれば、特に危ないとされているのが、執行命令を下すことになる上川大臣で、目下、執行後の上川大臣を長期にわたって警護するための、異例の極秘プランまで検討されているというのだ。

 では、最大のターゲットと目されている安倍総理についてはどうか。官邸関係者が打ち明ける。

「安倍総理は総理官邸に隣接する公邸ではなく、東京・渋谷区内の私邸を住まいとしてきた。しかし、麻原死刑囚に対する死刑が執行された場合、私邸住まいのままでは警備に問題が生じてくる。総理には同居する昭恵夫人、母親の洋子さんともども、長期間にわたって公邸に移ってもらうしかない。菅官房長官についても、SPによる警護を強化するほか、相当期間、官邸で寝泊まりしてもらうことになるでしょう」

 そして一方の公安調査庁関係者からは、こんな物騒な話も聞こえてくるのだ。

「情報を集めて警備を万全にするといっても、官邸や法務省などの政府職員に信者が紛れ込んでいたら、どうにもこうにも防ぎようがない。また、マスコミに信者が紛れ込んでいたら、例えば死刑執行予定が事前に漏れて、執行前に報復テロが起こることも考えられる。公安当局といえども、人の心の中まで見通すことはできないから‥‥」

 そんな中、警備、公安当局は、麻原死刑囚の「Xデー」後に起こりうる「報復シナリオ」について、オウム信徒周辺などから情報を収集。その結果、5つの可能性が浮上したという。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!