事件

麻原彰晃「死刑執行」で安倍総理に「毒殺」の魔の手?(3)判明した5つの「報復シナリオ」

 実際にこの施設を訪ねてみると、看板すら掲げられておらず、その不気味さについて、近隣の住民もこう話すのだ。

「現在、40~50人くらいの信者が暮らしているようですが、我々近隣住民との交流は一切ありません。信者は気持ちの悪いヤツらばかりで、帽子を深くかぶってマスクをし、ずっと下を向いたままバス停まで歩いていったり、浮浪者のような風体のおばあさんがウロウロしていたり。ここ数年、施設内は異常なほど静かですが、麻原が死刑になったら何が起きるのかと、住民は皆、心配しています」

 東京拘置所周辺でも「異変」は起きており、

「拘置所と隣接した公園には、今もたびたび信者が集まって、拘置所に向かってお祈りをしていますよ。今年の正月にもやってましたね。拘置所の周囲をグルグルと歩いている信者も見かけます。『経行』と呼ばれる修行らしいですが‥‥」(近隣住民)

 そうした、今も「麻原信仰」を根強く持つ信徒の動きに対し、法務省内からも不安の声は上がっている。同省幹部によれば、特に危ないとされているのが、執行命令を下すことになる上川大臣で、目下、執行後の上川大臣を長期にわたって警護するための、異例の極秘プランまで検討されているというのだ。

 では、最大のターゲットと目されている安倍総理についてはどうか。官邸関係者が打ち明ける。

「安倍総理は総理官邸に隣接する公邸ではなく、東京・渋谷区内の私邸を住まいとしてきた。しかし、麻原死刑囚に対する死刑が執行された場合、私邸住まいのままでは警備に問題が生じてくる。総理には同居する昭恵夫人、母親の洋子さんともども、長期間にわたって公邸に移ってもらうしかない。菅官房長官についても、SPによる警護を強化するほか、相当期間、官邸で寝泊まりしてもらうことになるでしょう」

 そして一方の公安調査庁関係者からは、こんな物騒な話も聞こえてくるのだ。

「情報を集めて警備を万全にするといっても、官邸や法務省などの政府職員に信者が紛れ込んでいたら、どうにもこうにも防ぎようがない。また、マスコミに信者が紛れ込んでいたら、例えば死刑執行予定が事前に漏れて、執行前に報復テロが起こることも考えられる。公安当局といえども、人の心の中まで見通すことはできないから‥‥」

 そんな中、警備、公安当局は、麻原死刑囚の「Xデー」後に起こりうる「報復シナリオ」について、オウム信徒周辺などから情報を収集。その結果、5つの可能性が浮上したという。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」