女子アナ

旬の美女アナ、総力取材で“実況”された「オトコ争奪バトル」の乱れっぷり!

 朝の情報番組ではさわやかな笑顔を浮かべていても、頭の中はオトコと恋敵のことばかり!?旬の美女アナたちにささやかれる「三角関係」の実態を究明すべく総力で取材すると出るわ出るわ、ドロドロの争奪バトルと恥ずかしエピソードが…。

 2月6日発売の「週刊アサヒ芸能」2月15日号が、そんな彼女たちの生態をレポートしているが、例えば、ジャニーズのモテ男を巡る女のバトルがここに来て急展開しているという。Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(27)に美女アナ2人との「二股交際」が発覚したのは16年12月。いずれも朝の情報番組を担当するTBSの宇垣美里アナ(26)とフジテレビの三上真奈アナ(28)が交際相手として浮上した。どちらの美女アナが勝利するか注目を集めていたが、昨年8月には三上アナとプロ野球・ヤクルトの小川泰弘投手(27)との真剣交際が判明。この三上アナの“撤退”により、いったんは宇垣アナの勝利に終わった「伊野尾争奪戦」が、第2ラウンドに突入したというのだ。テレビ関係者が明かす。

「現在も宇垣アナと伊野尾の関係は続いていると聞きますが、このところ彼女にとって気が気でない毎日が続いているようです。というのも、宇垣アナにとって“新たな脅威”がまたもやフジの女子アナから出現したんです。それがフジの“次世代エース”と呼ばれる宮司愛海アナ(26)ですよ。彼女は『めざましテレビ』で伊野尾と共演していますが、昨年末から周囲で『イイ仲になりつつあるのでは…』と急接近ぶりが噂になっているんです」

 新たな三角関係の噂が耳に入ったのか、宇垣アナの心中は穏やかではないようで、

「彼女が連載している『週刊プレイボーイ』(1月22日発売号)のコラムでは、『涙』をテーマにするなど、このところ感情的になっていることがわかります。さらに伊野尾に関して、TBSの同僚に『絶対に負けない』と宣言したとか。今後、人気アナ2人の戦いは激しさを増すでしょう」(前出・テレビ関係者)

 他にも同誌では、メジャーリーグのエンゼルスに移籍した大谷翔平選手(23)の「嫁の座」を巡る女たちの攻防戦にも肉迫するなどしている。完全に露わにされた、テレビではわからない旬の美女アナたちの生態とは──。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」