事件

金正男が激白「北朝鮮を解放する!」(4) 「常に警護されている」真意

 緊迫した兄弟関係を裏付けるような事件もあった。
09年4月には、正男氏が平壌を訪れた際の別荘「ウアム閣」に、北朝鮮の秘密警察の捜査員が乗り込んで内部を捜索、中にいた人たちが連行された。実はこの捜査員を差し向けたのが正恩氏で、正男氏とその同調勢力に打撃を与えるのが目的だったという。
 以来、正男氏は平壌行きを控え、現在、中国で生活している。その正男氏は、五味氏によれば、「監視か保護かわからないが、常に警護されている」という。これは何を意味しているのか。五味氏は同書の最終章でこう記している。
〈中国が隣国の指導者の長男を保護しているのは、単なる親切心や礼儀からではない。正恩体制が破綻した際、思想的に中国に近い彼を平壌に送り込み、次期指導者に仕立て上げる目論見があるのだろう〉
 日本で報じられた正男氏出現のニュースだけを見ていると、日本、パリ、北京など、正男氏は国外をあちこち放浪しているように思えるが、実は、その裏にはスリリングな“正男擁立シナリオ”が見え隠れする。この点をあらためて五味氏に聞いてみると─。
「正男擁立シナリオが実行に移される可能性は、現段階では非常に少ないでしょう。正恩体制がしっかり出来上がっていますから。将棋でいえば、最後の重要なところで使う切り札の駒のようなものだと思います。北朝鮮は経験のない若い指導者を擁立しました。彼がもし、国をうまく運営できず、住民の信頼を失った場合などに、中国が正男氏をリーダーの一人として送り込む可能性があると見ています」
 ところでこの本の出版が与える影響が小さくないことは、当然、予想されるところだ。五味氏が出版を打診したところ、正男氏は、
〈ご理解をお願いします。北朝鮮の政権が、私に危険をもたらす可能性もあります〉
 と、今回の時期での出版について断っている。昨年大みそかのメールだった。
 それでも出版に踏み切った真意について、五味氏はこう話す。
「彼の立場ならそうでしょう。ただ、北朝鮮が17年間統治した指導者を失い、どの方向に向かうかはっきりしない中で、長男の意見を広く世間に伝えるほうが意味があると考えました。さらにこの本を通じ、正男氏のイメージが変わり、多くの人が関心を持つようになれば、逆に正男氏にうかつなことはできなくなると思います」
「父・金正日と─」は発売前後から大反響を呼んだ。日本、韓国はもちろん、米国や英国、豪州など世界中のメディアから取材依頼が殺到しているという。
 ところで今、正男氏は、どこでどうしているのか。
「本を出すなら、われわれの関係は終わりだ、と言っていました。本への反応はありませんが、たぶんどこかで入手して読むでしょう。そしてまた連絡してくれることを願います」(五味氏)
 五味氏のメッセージに、正男氏が再び応えてくれることを期待したい。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
4
ゆで卵が効いた!?乃木坂46山下美月、人生初タイプ水着写真にファン大興奮
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは