政治

プーチンはついに「麻原彰晃」になった!ロシアがオウム真理教的「殺人カルト」と化した絶望

 戦争宣言こそなかったものの、従来通りの身勝手でデタラメな主張を繰り返すばかり──。

 これは5月9日のロシアの対ドイツ戦勝記念式典における、プーチン大統領の演説を評したものである。

 ウクライナ侵攻を「やむをえない、唯一の正しい決定だった」と市民虐殺を正当化し、

「大祖国戦争の英雄たちが戦った土地で、世界からナチスらの居場所をなくすために戦っている」

 などと、誰が聞いてもおかしな弁明のオンパレードだったのだ。

 式典が行われたモスクワの「赤の広場」では、会場に陣取ったロシア国民がインタビューに答え、虐殺王の荒唐無稽なスピーチを、感情を高ぶらせながら全面支持する異常ぶりを全世界に見せつけた。

 こうした状況に、カルト教団に詳しいジャーナリストは、

「プーチンはついに、麻原彰晃になってしまった」

 と厳しい表情で、次のように断じた。

「徹底した社会主義的情報統制で国民に真実を見せず、マインドコントロール。プーチンのやっていることはまさしく、オウム真理教の教祖と同じです。その結果、あんなスピーチに熱狂する国民を生み出してしまった。化学兵器の開発、そして罪のない人々の大量殺戮を平然と命じるところも、あの地下鉄サリン事件や松本サリン事件、弁護士一家殺害事件に共通する。そういえば、かつてオウムは、ロシアにも活動拠点を持っていました。カルトが巣食う土壌があるのかもしれません。独裁者の話を盲目的に信じ込む信者たち…プーチンとロシア国民の姿はまさに、麻原と今も残るオウム信者の関係であり、殺人カルトそのものと言っていい」

 プーチンというカルトにハマッた人々のマインドコントロールは解けるのか。そうしている間にも、「狂気にまみれた教祖」によって、さらなる暴虐が行われている。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる