政治

プーチンはついに「麻原彰晃」になった!ロシアがオウム真理教的「殺人カルト」と化した絶望

 戦争宣言こそなかったものの、従来通りの身勝手でデタラメな主張を繰り返すばかり──。

 これは5月9日のロシアの対ドイツ戦勝記念式典における、プーチン大統領の演説を評したものである。

 ウクライナ侵攻を「やむをえない、唯一の正しい決定だった」と市民虐殺を正当化し、

「大祖国戦争の英雄たちが戦った土地で、世界からナチスらの居場所をなくすために戦っている」

 などと、誰が聞いてもおかしな弁明のオンパレードだったのだ。

 式典が行われたモスクワの「赤の広場」では、会場に陣取ったロシア国民がインタビューに答え、虐殺王の荒唐無稽なスピーチを、感情を高ぶらせながら全面支持する異常ぶりを全世界に見せつけた。

 こうした状況に、カルト教団に詳しいジャーナリストは、

「プーチンはついに、麻原彰晃になってしまった」

 と厳しい表情で、次のように断じた。

「徹底した社会主義的情報統制で国民に真実を見せず、マインドコントロール。プーチンのやっていることはまさしく、オウム真理教の教祖と同じです。その結果、あんなスピーチに熱狂する国民を生み出してしまった。化学兵器の開発、そして罪のない人々の大量殺戮を平然と命じるところも、あの地下鉄サリン事件や松本サリン事件、弁護士一家殺害事件に共通する。そういえば、かつてオウムは、ロシアにも活動拠点を持っていました。カルトが巣食う土壌があるのかもしれません。独裁者の話を盲目的に信じ込む信者たち…プーチンとロシア国民の姿はまさに、麻原と今も残るオウム信者の関係であり、殺人カルトそのものと言っていい」

 プーチンというカルトにハマッた人々のマインドコントロールは解けるのか。そうしている間にも、「狂気にまみれた教祖」によって、さらなる暴虐が行われている。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】