芸能

セカオワと三代目JSBは赤っ恥、欧州最大の音楽祭「日本代表」はまさかの!

20151021sekainoowari

 イタリア・ミラノで日本時間10月26日に開催される欧州最大級の音楽アワード「2015 MTV EMA」の「ベスト・ジャパン・アクト」部門にまさかのグループが選出。衝撃の結果に多くの音楽ファンが動揺している。

 同部門にはBABYMETAL、SEKAI NO OWARI、ONE OK ROCK、三代目JSoul Brothers from EXILE TRIBE、でんぱ組.incの5組がノミネートされ、ウェブ投票で代表が決定。そうそうたる面々が出揃うなか、日本代表の座を射止めたのはなんと、でんぱ組。日本国内だけで考えると、知名度、ファンの総数など、ノミネートしたグループの中で最も劣っているのは明白。そんなグループが代表に選出されたことで、「いったい何が起こったんだ!」と不満の声をあげる人が多いようだ。

「欧州は日本のアイドル文化に関心を抱く外国人が多いため、アイドルを推すというチョイス自体は間違ってはいないと思います。もう1組のアイドルグループ・BABYMETALと比べると認知度や人気で明らかに劣るところはありますが、でんぱ組は今年7月にパリ、ミラノ、ロンドンの各所でコンサートを開催。じつは当地ではそこそこ名の知れた存在なんです。現地の記者によれば、なんら不思議な選出ではないそうですね。とはいえ、ノミネートされた他のグループと比べ、日本国内での知名度が圧倒的に低いのは確か。そんなグループに負けたということもあって、ひいきのアーティストの世界進出を夢見ていた三代目やセカオワのファンが『日本じゃ誰にも知られていないのに…』とかなりボヤいている。とくにセカオワは『進撃の巨人』の主題歌もあえて英語にするぐらい、海外制覇を視野にいれてましたからね」(音楽誌記者)

 事実、でんぱ組への国内での評価も決して高いモノではない。6月に「ミュージックステーション」に初出演した際にもその評価は真っ二つ。パンチのある楽曲と一風変わったパフォーマンスが持ち味なだけにクセも強く、正統派が好きな日本人には受け入れられないケースも多いようだ。

 ネット上でも祝福のコメント以上に、「日本の恥」「頼むからもう1回やり直せ!」「泣いた。本気で世界の終わり…」など、非難する声が続出した。

 でんぱ組は現在、中国、台湾、韓国、東南アジアの各代表とアジア代表の座をかけた最終投票の真っ最中。散々な言われようのでんぱ組にとっては、欧州で賞賛を浴びて、それを足掛かりに日本中を見返してやりたいというのが本音だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・大野智が「マジで歌が上手い歌手」1位!?MCのカンニング竹山もブチギレ
2
レベルが違う!相葉雅紀「貴族探偵」が酷評の嵐で織田裕二の評価が急上昇
3
「鉄腕DASH」のいい話が「イッテQ」で台無しに!視聴者が呆然となったワケ
4
あの事件で仕事激減?R-1王者のアキラ100%を悩ます「脱ぎ芸」の限界
5
スタジオもドン引きした、バナナマン日村と神田愛花の“汚カップル”生活