芸能

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<写真集部門>「驚きのボディを見せつけた浅田舞」

20151217f

 写真集部門の筆頭に推されたのは、フィギュアスケートからタレントに挑戦した浅田舞(27)。南国ハワイで撮影した1st写真集「舞」(集英社)では、みごとなFカップのボディを見せつけている。

「アスリートの締まったボディながら、胸だけが締まっていない。まさにグラドル以上の見事なカラダです。水着の面積が大きいところが気になるのですが、それを凌駕するパワフルなバストで、デカさ、形のよさともに今年度の写真集の金メダルに値します」(芸能評論家・織田祐二氏)

 とはいえ、タレントの徳光正行氏は意外な警鐘を鳴らすのだ。

「まさに“感動”のひと言に尽きますが、忘れてならないのは、彼女がフィギュア選手だったということです。3分間氷上で踊り続ける体力と精力は並大抵のものではないハズ。もし彼女と夜を共にするなら、世の男性は一回戦どころでは済まないことを覚悟しないといけません。そんな想像をしながら、この写真集を堪能するといいでしょう」

 3回転、4回転でもお願いしたい。

 大みそかのNHK紅白歌合戦での天然司会ぶりに期待のかかる綾瀬はるか(30)は「SEA STORIES」(宝島社)が10年ぶりの作品だった。全編イタリアのシチリア島で撮影された真っ赤なビキニ姿など、露出も良好だ。芸能評論家・佐々木氏は興奮を隠さない。

「実は彼女は胸だけでなく、ボリュームタップリのお尻も魅力的なんですね。写真集ではビキニ姿の油断したゆる~い乳と安産ヒップが堪能できます。とはいえ、このゆる肢体は全裸よりもむしろ着衣のままのほうが味わい尽くせます。個人的には男物のシャツなどをざっくり着せて、のぞき見えるお肉をめでたい」

 意表をついたのがメガネっ娘アイドルの時東ぁみ(28)。「戀人よ」(イーネット・フロンティア)の手ブラヌードで脱アイドルを図った。前出・徳光氏がこう助言する。

「顔は地味ですが、意外に下品なカラダがいい。特に太腿とお尻は絶品です。メガネヌードは野坂なつみにトドメを刺すので、むしろ隠れマニアの多い尻フェチ作品に活路を見いだすのも一手では」

 さらに衝撃的だったのは、山本太郎参院議員の元妻・芹菜々子(26)が「深海」(双葉社)で堂々のヘアヌードデビューを果たしたことだ。

「昨年のビッグダディのヨメ、今年はテレンス・リーに性的被害の女子大生などが出たし、『元〇〇ヌード』がまだまだ続きそう。一方で、アイドル王道の小嶋陽菜(27)も『どうする?』(宝島社)で下着にノーブラ横チチとバンバン勝負している。ここまできたら、来年は貝殻ヌードならぬ、おっぱいにCDヌードでもプロデュースしてほしい」(ライター・尾谷幸憲氏)

 CDの穴から見えちゃったらどうする?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!
2
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!
3
NMB48山本彩の名前を絶叫連呼!TBS音楽特番で中居正広も収拾不能の放送事故
4
藤井聡太四段、横綱白鵬に贈った扇子の「完売品とは揮毫が違う」レア度!
5
「激太り」沢田研二がさらに激変で「渋くてカッコいい」「ガッカリ」の大激論!