芸能

紅白美女17人の“ピンク合戦”を先取り生中継!「朝ドラ“あさが来た”好調も宮崎あおいが出にくいワケ」

20151217p

 紅白の風物詩とも言える、連続テレビ小説や大河ドラマの企画コーナーは、明暗が分かれそうだ。

「視聴率惨敗の『まれ』や『花燃ゆ』の出演者では盛り上がらないかもしれないので、視聴率25%を超える『あさが来た』の企画を中心に考えています」(NHK関係者)

 だが、ここでもスムーズに進まない「大人の事情」が見え隠れしていた。

「主演の波瑠(24)の姉役を宮崎あおい(30)が演じています。白組には、恋人として報じられている『V6』の岡田准一(35)が出場。宮崎が結婚していた時から交際疑惑があっただけに、ジャニーズ側はイメージが悪くて同じ舞台に立たせたくない。それでも『あさが来た』のメンバーが紅白に登場した際、宮崎だけ来なかったら不自然なため、NHK関係者は頭を抱えているそうです」(芸能関係者)

 コーナー企画では、こんなサプライズが進んでいるという。

「11月30日に漫画家の水木しげるさんが急逝したため、『妖怪コーナー』を作ることになった。10年に放送された『ゲゲゲの女房』に出演していた松下奈緒さん(30)に打診しています」(前出・NHK関係者)

「未亡人」として、色っぽく“弔辞”を読む場面もありそうだ。企画コーナーの目玉には、こんな案も浮上していた。スポーツ紙記者がこう話す。

「『マッサン』のエリー役で有名になった、シャーロット・ケイト・フォックス(30)にも声をかけていると聞きました。今年、ブロードウェーミュージカル『シカゴ』の主演に抜擢。12月は凱旋公演で来日しているため、紅白の舞台でもダンスを披露してほしいそうです」

 毎年、直前まで出場が明らかにされないサプライズゲスト。昨年から音楽番組「SONGS」のスタッフが選考に加わり、大物ミュージシャンに声をかけているという。

「現在、候補の中で有力なのは、2月に番組出演した工藤静香(45)。デビュー30周年のタイミングでもあり、実現すれば、夫で『SMAP』の木村拓哉(43)と結婚後初の紅白共演となります。話題性は十分なのですが、白組の『X JAPAN』のYOSHIKI(50)と、かつて交際関係にあったので‥‥」(前出・スポーツ紙記者)

「過去の男」が出演交渉に立ちはだかっているようなのだ。

 最後に、石川氏はこんなサプライズを予想する。

「来年2月、10年ぶりにマドンナ(57)の来日公演が決まりました。プロモーションも兼ねて中継で出演する可能性がありますよ」

 除夜の鐘が夜空に響く頃、「ピンク合戦」の行方はどう決着がつくのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス