芸能

綾瀬はるか、ついに女優生命終了!川口春奈の低視聴率記録を塗り替えるか?

20160123ayase

 1月15日に放送されたテレビドラマ「わたしを離さないで」(TBS系)の視聴率が、6.2%だったことがわかった。この記録はTBS金曜22時台ドラマにおいて歴代最低視聴率だという。

「『わたしを離さないで』は世界的に有名な小説を原作とし、『JIN-仁-』『ごちそうさん』『天皇の料理番』など、近年ヒット作を次々と生み出してきた森下佳子が脚本、そして主演に有名女優・綾瀬はるかという最強の布陣で企画されたドラマのため、2桁は固いと思われていました。それがフタを開けてみれば初回から視聴率はわずか6.2%。これは無名の芳根京子が主演した金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』の初回視聴率6.6%すらも下回る悲惨な数字です」(テレビ誌記者)

 ドラマ「わたしを離さないで」は、肝臓移植を目的として集められた孤児院での物語だったため、ネットでは「暗すぎる!」「週末に観たくない」という厳しい声が飛び交っている。またこの日、裏の日本テレビでは、放送15回目にも関わらず、映画「天空の城ラピュタ」が視聴率17.9%という驚異の数字を記録したため、一部の視聴者を奪われる形にもなったようだ。

 そして、そんな同ドラマは次回以降も険しい道が続いていくという。

「次回も日本テレビは、ジブリ映画『魔女の宅急便』を放送し、さらにテレビ朝日は、オリンピック出場を賭けたサッカー日本代表戦をぶつけてくるため、視聴率が苦戦するのは間違いない。このまま下がり続ければ、川口春奈主演『夫のカノジョ』(TBS系)の今世紀最低視聴率の記録を塗り替えてしまう可能性もある。もしそんな不名誉なレッテルを貼られてしまったら、綾瀬は女優として窮地に追い込まれることになるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 ドラマの序盤は子役の出番が多いため、今後の大人時代が正念場となる綾瀬はるか。はたして彼女は最終回までに、この厳しい状況を巻き返すことができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「断られ続けて今月もお見合いゼロ!」婚活失敗の原因はココロの余裕の無さが生む“負のスパイラル”?

    Sponsored
    61944

    お見合い、合コン、友達の紹介など、これまでにも“出会い”はたくさんあったけど、なかなか結婚にまでは至らなかった‥‥そんな人は意外に多い。また「仕事尽くめで恋愛なんてしている暇がなかった」とか、長く付き合った彼女がいたものの、「価値観の相違か…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    洗っても気になるフケ…原因は頭皮の菌!? 対策には頭皮ケアが重要!

    Sponsored
    64427

    バーボン片手に、一人タバコをくゆらすダンディズム‥‥アサ芸世代が憧れた“オヤジ臭さ”といえば、そんなハードボイルドな後ろ姿だったかもしれない。それがいまや、孤独な男の背中からは「加齢臭」が漂い、肩には「フケ」が落ちてくる始末。こんな肩と背中…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    仕事終わりにとりあえずビール! 毎日飲み過ぎのあなたに

    Sponsored
    49459

    外回りの営業マンにとっては汗ダクダクの夏、こんな季節は仕事帰りのビールが最高ですよね。とはいえ飲み過ぎには要注意。翌日の重~い二日酔いで「仕事にならない‥‥」なんて経験、あなたにもあるのでは? そこで「二日酔いがひどい時の対応策」について、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
市川海老蔵が歌舞伎仲間にも明かさない小林麻央の「深刻病床」
2
福原愛「“不肖の父”急逝でわかった“絶縁”までの親子修羅」
3
清原和博 盟友・野村貴仁が初自伝「再生」にも書けなかった激ヤバ秘話
4
加藤綾子「フリーになっても古巣出演ルール」の慣習に嫌気爆発
5
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由