芸能

「こんな病院ありえない!」長瀬智也主演ドラマの安易な演出に視聴者が唖然

20160201nagase

 1月27日に放送された長瀬智也主演ドラマ「フラジャイル」(フジテレビ系)が、思わぬバッシングを受けている。

 長瀬演じる岸京一郎は、天才病理医。病理医とは患者を直接診察することはなく、組織や細胞を分析して診断を下す医師のこと。この日の内容は、腸の内視鏡検査でクローン病を疑う臨床医と岸が対立するというもの。なかなか診断を下さない岸に対し、臨床医は3回も内視鏡検査を繰り返す。

 この番組を視聴していたネット民からは「大腸内視鏡検査やったことありますが、あれを3回も短期間でやるとかイヤ過ぎる」「これだけ何度も再検査ってなったら病院変えるだろ!」と、ドン引き。

 しかも、結論としては“結核が原因”となるのだが、処置をしている医師、看護師もマスクをしていないことに、「結核の疑いって言ってるのにマスクもせずに対応とかありえない」「こんな病院、ヤバすぎて入院してられないわ」などの、至極まっとうな意見が殺到した。

「医療関係のドラマや映画を制作する際には、必ず医療監修があるはずなのに、感染症法において二類感染症の結核に対する誤解を与える設定でした。このところドラマが爆死状態のフジテレビですが、安易な作りをしていては、視聴者の失笑を買うだけです」(テレビ誌記者)

 制作スタッフは、これら視聴者からの意見をどう見るのだろうか?

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
3
パソコンに残ったデータを発見!?ベッキーとゲス極・川谷の愛欲LINEの流出元
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”