特集

あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

Sponsored

20160203hapirise

 話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?

 旧友の「結婚しました!」という連絡を聞いたりすると、ぼんやりとそんなことを考える日々‥‥そんなアラフォー男子は、少なくない。

 いまやネットを介したサービスで男女が出会うのは珍しくない時代。とはいえいざ婚活サイトなどに入会してみると、手軽にはじめられる分、それだけ気軽に登録している人も多く、「本気で結婚したい人」となかなか知り合えないのが悩みどころ。

 しかも地域や年収、身長などの各条件を決め打ちで入力するデータマッチング型では、その条件に合わない女性を紹介されることがない反面、機械的に振り分けられると“微妙なニュアンス”や“許容範囲”が伝わらないのが残念とは言えまいか。

 そんな不満をズバリ解消してくれるのが、結婚相談所の老舗「サンマリエ」のサービスだ。

 同サービスは、男女それぞれの会員担当スタッフが、互いに相性のよさそうな人を長年成婚へ導いてきたノウハウをもとに紹介し合うシステム。

 たとえば希望年収が多少条件に達していなくても「趣味が合う」「将来設計などの夢が同じ」であったり、人柄や価値観が合いそうであれば、入力データ上では決してマッチングしない相手でも紹介を可能にするのだ。

 ゆえに、お見合い成立率はナント98.8%。この数字はうれしい限りではないか。

 婚活スタイルも実にスマート。紹介状メールを見て、気に入った人がいれば返信し、お見合い成立。

 機械任せでない“人の手”を介した紹介なので、女性からの信頼は格別。デートでの服装は何にしよう、という些細な悩みでも相談に乗ってくれる。ゆえにお見合いへと発展する可能性が高いのだ。

 実はこのお見合い相手との“最初の場”のセッティングこそが、自分で段取りを組まないといけないデータマッチング方式では一番の難所。サンマリエが高いお見合い成立率を誇るのは、この部分を“人がつなげている”から。しかも、お見合いの調整やお見合い後のOK・NGの返答などもスタッフを通して行うため、当事者の負担が少ないのもありがたいシステムといえるだろう。

 少しでもサンマリエのサービスに興味を持ったのなら、まずはリンク先の無料「婚活結婚診断テスト」で自分の隠れた“恋愛傾向”と“理想の結婚相手”をチェックするのがいいだろう。診断結果とともに詳しい資料も送られてくるので、それらを見ながら今年の婚活プランを本気で考えてみよう。

Sponsored by ハピライズ株式会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
4
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
5
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気