エンタメ

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(9)人気作家に浮上した盗用疑惑

20160506hakkini

 現役バリバリの人気作家たちも、ブレイクの過程において手痛い「洗礼」を浴びている──。

○「金田一少年の事件簿」金成陽三郎・さとうふみや

「ジッチャンの名にかけて」でおなじみの人気コミックだが、第1話のトリックが島田荘司の「占星術殺人事件」と酷似。その事実を認めたが、盗用問題がドラマ化で再燃した。

○「沈黙の艦隊」かわぐちかいじ

 同作で描かれた潜水艦や空母の作画が、柴田三雄氏の写真集からの無断トレースであると提訴。かわぐち氏は全面謝罪のうえで賠償金を支払ったが、他のマンガからの盗作疑惑もある。

○「エデンの花」末次由紀

 ヒット作の多さで知られていたが、ネットに検証サイトができるほど盗作疑惑が明らかに。末次はこれを認め、連載中の作品は休載となった。現在は「ちはやふる」でカムバック。

○「国が燃える」本宮ひろ志

 日本の戦争の歴史を描く意図だったが、いわゆる「南京大虐殺」の描写に右翼団体や地方議会議員のグループから猛抗議。連載は休載の後に再開したが、該当部分は削除された。

○「マイナス」沖さやか

 第31話の「遭難クッキング」で、女教師と2人の女子高生が空腹のあまり、転落死した女児を焼いて食べるシーンを描写。スポーツ紙の報道を機に掲載誌は回収された。

○「私立極道高校」宮下あきら

 アシスタントの独断により、滋賀県に実在する4つの中学校名と校章、さらに実在の卒業生の名前まで使用し、県の教育委員会が猛抗議。掲載した「少年ジャンプ」が回収された。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    30代、40代から顕著になる「小じわ」などのお肌への不安、あなたはどうする!?

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
2
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
3
愛子さま 憧れの佳子さまを支えに「ふっくら回復」
4
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!
5
「不貞報道」上原多香子、夫遺族が「証拠」を今公開せざるを得なかった理由!