特集

お父さん世代もドラマは配信で見る時代?小栗旬主演「代償」は大人もイッキ見の国産骨太ストーリー!

Sponsored

20161121hj_main

「小栗旬が身も心も削りながら表現した、途方もない恐怖と嫌悪感に身震いする」。エンタメ誌記者がこう評するのが、18日からhuluで日米同時配信がはじまったクライム・サスペンスドラマ『代償』だ。

「小栗旬が久しぶりに連続ドラマの主演を務めるということもあり、ファンならずとも注目を集めていた作品でしたが、その出来栄えはどうやら予想の“斜め上”をいくことになりそうです」(前出・エンタメ誌記者)

 今作は「いつか、虹の向こうへ」で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞した、伊岡瞬氏の同名小説をhuluがドラマ化。サイコパスの友人の手により人生と精神を破壊された弁護士が、その友人を葬り去ろうと苦闘する姿を描くサスペンスストーリー。弁護士・奥山圭輔を小栗が、サイコパス・安藤達也を高橋努が演じている。

「小栗と言えば『半分以上脚本ができていないものについてはオファーを受けない』と公言するほど、自身の出演作に対してはストイックな姿勢で挑む役者の一人。そんな小栗が“主演”を引き受けたというのだから、今作が脚本の段階で面白いのはもはや保証済み。そこに小栗と高橋の鬼気迫る演技がぶつかり合い、見る者の心を鷲掴みにしていきます」(前出・エンタメ誌記者)

 物語の発端は、弁護士・圭輔のもとに舞い込んだ1件の弁護依頼。だがその依頼主は圭輔の遠い親戚であり、強盗殺人事件の容疑者でもある達也。そう、達也こそかつての友人であり、その後あらゆる卑劣な手段で圭輔の人生を崩壊させたサイコパスなのである‥‥。

「今作で小栗は“精神の限界まで追い詰められた人間”をはじめて演じますが、1~2話で魅せるのはまだまだ序の口。物語が進むに連れて恐怖心と嫌悪感にさいなまれていくその様は、民放ドラマでは表現できない“心の漆黒の闇”そのもの。これぞ小栗が辿り着いた新境地といえるでしょう」(前出・エンタメ誌記者)

 海外ドラマのようなスピーディーな展開と、民放ドラマの表現をはるかに超えた迫真映像は、まさに日米同時配信にふさわしい作りで、これまで海外ドラマを楽しんできたような“大人のドラマ通”にとってもじっくりと鑑賞できる力作といえる。国内制作のドラマが、いまやこのクオリティにまで達していることに、ドラマファンはニヤリとしてしまうだろう。

 小栗もまた「自分たちが作った作品が、海外の方にどのように感じていただけるのかも気になりますね。キャストもスタッフも精一杯やりましたので」と、自信の程を見せている。

 全6話完結となる日米同時配信huluオリジナル連続ドラマ『代償』。リアルタイム視聴で見るもよし、年末年始の休みにイッキ見するもよし。「たまには骨のあるドラマに浸りたい」というアサ芸世代なら、きっとこの冬、人間の“狂気”と”愛”に心の底から震えること間違いない。

20161121hj_a

PCの方はこちら

SPの方はこちら

Sponsored by HJホールディングス合同会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
2
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
3
爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた
4
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
5
水着姿で汗だく! 元AKB永尾まりや「火照り姿」にファン大興奮