政治

蓮舫「水着ビデオ」撮影で見せていた2番じゃダメな色香素顔

20170209k

 あの巨匠監督の下、ハイレグ水着を食い込ませて、はしゃぐ人物こそ民進党代表・蓮舫氏(49)だ。入手したお宝DVDには、国会議員の痴態と、隠し通す出自の暴露があった──。

「1年間契約していまして、主な仕事はだいたいポスターとか、カレンダーとかの仕事以外に、イベントとかをして週末に全国を回っています」

 日焼けした肌にピンクのワンピース姿、まぶしい笑顔でインタビューに応じている人物こそ蓮舫氏だ。

「’88キャンペーンガール」と題されたこのイメージDVDは、当時のキャンギャルを集めたオムニバスの作品。88年に羽田空港近辺で撮影されたのだが、蓮舫氏は「クラリオンガール」として出演している。

 この作品の監督は、“ハメ撮りの帝王”の異名を持つ、あの村西とおる(68)氏。本撮影にはブリーフ姿でこそ挑まなかったものの、「ナイスですね」と称賛を惜しまない。

「服を着ていてもエロはエロ、ナイスはナイス。裸でなくても、そこに存在するスケベを追求したくて制作いたしました。彼女は、私の会った数々のイメージガールの中でも、当時からイチオシの存在でした」

 全動画中、蓮舫氏の出演時間は約4分17秒。まずピンクのワンピースで、冒頭のようにインタビューに答えた蓮舫氏。画面下部に流れたテロップによれば、B80センチ・W58センチ・H80センチのボディである。

「彼女はスタイルで勝負するタイプではないけど、それでもナイスなプロポーションとあの勢いで、大物になるだろう、と当時から感じていたよ」(前出・村西氏)

 インタビューが終わると、衣装はショッキングピンクの超食い込みハイレグ水着姿にチェンジ。蓮舫氏はプールサイドに横たわったり、フラフープを回したり、くっきり浮かび上がるお尻の割れ目のドアップを惜しみなく披露しているのだった。

 このDVDに収録された他のイベントガールの中で、唯一生き残った蓮舫氏。他人にはかつて民主党政権時代、「2番」を強要しながら、みずからは「2番じゃダメ」なハングリー精神は、この撮影時にも見られたようである。

「上昇志向は常に伝わってきました。例えば撮影中に、頼んでもいないのに、カメラに向かってみずからウインクやキッス、水着の食い込みを直すなど、やる気が伝わってくるのです。プールサイドで腰をくねらせ、グイグイっとする姿は、自分の名前『れんほう』を尻で書いたように見えました(笑)。それくらい“負けてたまるか”という強さを感じましたね」(前出・村西氏)

 昨年9月に民進党代表に就任した蓮舫氏だが、「NHKの政治意識月例調査2017」によれば、民進党の支持率は、1月で8.7%。昨年末より、0.3ポイント落ち、失速が止まらない状態だ。

 凋落のきっかけは、代表選の過程で噴出した蓮舫氏の「二重国籍疑惑」。戸籍の開示について、蓮舫氏は、

「きわめて個人的な件」

 として拒否している。しかし、本DVDでは、みずからの出自を、

「父親がいちおう台湾国籍で、中国国籍で、母親が日本人で、俗に言うハーフです」

 と明かしている。「父親が台湾国籍で、中国国籍」とすれば、多重国籍となるのだが…。着用していたハイレグ水着の股間部のような人気の「V字回復」は、難しい!?

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
2
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
3
よくぞ言った!坂上忍の「本田圭佑批判」がサッカー界から賞賛される理由
4
X JAPANが日本公演の日程を発表、これが「ラストYOSHIKI」になる!?
5
ダレノガレ明美の写真を巡って「ニップル?それともボタン?」の激論が勃発