芸能

過激すぎて放送中止「CM美女」の艶技を緊急公開!(2)2度差し替えになった広末涼子のCM

 時を同じくして、「下品」の烙印を押されたのが、「サントリー 頂」だ。7月6日から公式サイト上に公開された「絶頂うまい出張編」は、北海道、愛知など6都市を舞台に、吉川友(25)、柳いろは(26)ら6人の方言美女が登場。地方の居酒屋で合コンよろしくビールを痛飲し、こう叫ぶのだ。

「コックゥ~ん、しちゃった」

 芸能評論家の織田祐二氏は戸惑い気味に、

「まさか、居酒屋でお酒を飲みながらアレをしゃぶるわけでもあるまいし、あまりに過剰に連想しすぎです。酒飲みの立場から言わせてもらえば、地方で美女に囲まれた状況でこそ、おいしい酒が飲めるわけで、特に問題があるとは思えないのですが‥‥」

 しかし、「女性蔑視だ」と批判を浴び、この動画も即日公開中止となっている。

 同様に“淫語”が問題視されたのが13年の「クリアアサヒ プライムリッチ」。松下奈緒(32)が夫に、

「ねぇ、リッチしよ」

 と呼びかけるくだりに、「エッチしよ、にしか聞こえない」とクレームが殺到し、別のバージョンに差し替えられている。

 一昨年に広瀬すず(18)を起用した「明星一平ちゃん夜店の焼そば」のCMもまたしかり。焼きそばの上にマヨネーズを“ブッチュ~!”とぶちまけた広瀬は、

「全部出たと~」

 と博多弁で絶叫。このCMも放送直後にお蔵入りバージョンとなった。

 芸能評論家の佐々木博之氏が解説する。

「なぜ静岡出身の広瀬が博多弁なのか意味不明ですが、結局、CM業界の大人が、女性に“方言淫語”をしゃべらせたいということなのでしょう。そう考えると『頂』は絶頂(オルガスムス)、『コックゥ~ん』は男性器(コック)を指していると深読みできます」

 二度の差し替え騒動に見舞われたのは、広末涼子(37)出演の「からだ巡り茶」。06年は、「広末涼子浄化計画」という文言が薬事法に抵触するおそれがあると、差し替えのハメに。翌年には、

「ブラジャーが透けるほど汗をかいた最後っていつだろう」

 という性行為を連想させるセリフで炎上した。

「広末は当時26歳。すでに出産していましたが、自信があるボディをサービス満点に見せつけていた。セリフもさることながら、へそ出しミニスカ姿の広末がフラフープをグラインドさせる腰つきがエロすぎました」(前出・織田氏)

 旬を逃さないタレント起用が裏目に出た!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
2
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気
3
広末涼子、「ぶっちゃけ発言」で囁かれ始めた“深刻な家庭事情”!
4
松本潤が有村架純に完敗!?主演映画で魅力を発揮できなかった意外なワケ
5
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮