芸能

“ヤバいモノ”が映ってた?木村拓哉出演「ウチのガヤ」で謎のモザイクが発生!

 木村拓哉の肩口に、映っていてはいけないものが映し出されていたのか。そんなホラーめいた疑惑が一部でささやかれているという。8月21日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)では、映画「検察側の罪人」を告知するために、木村が初のゲスト出演。ガヤ芸人たちとお茶目なコラボも見せていたが、その中で突如現れた謎のシーンについてテレビ誌のライターがささやく。

「それは番組の中盤にお笑いコンビ『地球』のマグ万平が、サウナで働く“熱波師”の仕事について木村たちに説明していた場面でした。ここで一瞬、木村の右肩に謎のモザイクが現われたのです。そして次の場面で引きの画面になると、今度はスタジオセットの数カ所にモザイクが発生。そのモザイクが大きすぎて、ひな壇の最前列に座っていた『相席スタート』山崎ケイの右半身までモザイクになっていたほどです。しかし次の場面になるとそれらのモザイクは消え去り、結局、番組全体を通してモザイクが現われていたのはほんの数秒ほどに過ぎませんでした」

 モザイクが出現した前後の場面を見比べてみても、そこに映っていたセットには何の変化もなく、何かを隠そうとする意図があったとは考えづらい。時にはアニメキャラなどの「版権もの」や、CMクライアントの競合製品をモザイクで隠す例もあるが、今回はアメリカンアンティークの看板やジュークボックスといった小道具にモザイクがかけられており、その出現意図がまったく読み取れないのである。これはもはや、超常現象に類する類の怪奇現象なのだろうか!?

「これはおそらく編集上のミスでしょう。たとえば番組中にテロップを挿入する時には、背景にモザイクをかけることでテロップの文字が背景に溶け込んでしまわないように処理することがあります。そういった編集処理を何ら関係ない場面に施してしまったため、不要なモザイクが発生した可能性が考えられますね。普通ならそういった無駄な処理は修正するものですが、今回はなまじキムタクが出演していたため、制作陣がキムタクの表情などにばかり気を取られ、背景のモザイクを見落としていたのかもしれません」(番組制作会社スタッフ)

 あまりにも大きな存在感ゆえ、制作陣に無用な緊張を与えていたのだとすれば、キムタクもなかなか罪作りな男なのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後藤真希、「モー娘。時代の安倍なつみとの確執」回想する話しぶりに非難殺到!
2
米倉涼子「リーガルV」、数字が爆増の秘密は共演・菜々緒への“公開処刑”!?
3
同期芸人の助けも求めて…岡村隆史、女子レスラーとの「必死婚活」秘話!
4
活躍するKoki,が批判されるのはしゃしゃり出てくる「母親」が原因か?
5
キンプリが生贄!?「白い巨塔」に岡田准一が起用の“ヤバすぎる裏事情”とは?