芸能

NEWS小山慶一郎、広島でボランティアに汗を流しても「狙い見え見え」批判!

 NEWSの小山慶一郎が、西日本豪雨の被害に見舞われた広島県でボランティア活動を行っていたことがツイッターユーザーの投稿で明らかとなった。

 NEWSは8月11日、12日に東京・味の素スタジアムで結成15周年記念ライブを行ったばかりだが、14日に小山が広島でボランティアに参加しているという写真付きの投稿が相次いでいる。写真の小山は麦わら帽子にノースリーブシャツといういで立ちでシャベルを持ち、黙々と作業していることがわかる。何でも、小山が訪れたのは広島県坂町で、「一番大変なボランティア場所を教えてほしい」と志願して、同地を訪れていたのだとか。

 そんな小山といえば、未成年飲酒騒動により、6月7日からレギュラー出演する報道番組「news every.」(日本テレビ系)の出演を自粛。NEWSとしての活動は再開させて、もう間もなく2カ月というところだが、わずか20日間で復帰していることもあって、小山の復帰を認めている者さえいまだ多くはない状況のようだ。

 そんな現状もあって、ネット上では「イメージアップが目的なんだろうな」「熊本地震の時の紗栄子よりもたちが悪い」「ボランティアは偉いが、『news every.』の復帰はまだ早いぞ」などと、「小山は好感度を上げる目的でボランティアに参加しているのではないか」と勘ぐる声が目立っている。

「2016年の熊本地震でボランティア活動に参加したり、日本赤十字に義援金を寄付したことをSNSでアピールしたことで、当時も、好感度アップが目的では? と炎上していましたが、今回の小山の場合は好感度アップの先が『news every.』へのキャスターとしての復帰ということも明白。そのため、どうしても純粋に小山の行動を褒められないという人が多いようですね。また、小山はボランティア活動に加え、複数のボランティア作業員との記念写真にも応じていますが、写真をSNSにアップすることを小山本人が承諾していたようです。アイドルとしては見本となる行動なのかもしれませんが、こういった行動もどうしてもアピールの一環のように感じてしまいますね」(エンタメ誌ライター)

 もちろん、被災地の人々にとって有難いのはああだこうだ言っている外野よりも行動に出ている小山のほうだが、今回の行動が偽善的なものという評価をされてしまわない意味でも、やはり「news every.」復帰のタイミングは十分に考える必要があるだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
3
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!