政治

元拉致問題担当大臣・松原仁が独占激白!(3)北朝鮮エージェントの「懸念」

 北朝鮮側から我々に伝えられてくる情報は、横田めぐみさんと田口八重子さんを含め、多くの拉致被害者の生存情報です。北朝鮮は縦割りの組織なので、各組織が独自の情報を持っている。それらの複数の組織から、さまざまな側面からの同一の生存情報が出てくることになれば、その信憑性はより高まってきます。

──

 7月31日には蓮池薫さん、祐木子さん夫妻が新潟県で拉致されてから40年がたち、連名のコメントを発表。多くの被害者の帰国が実現しないことに、

「いったい、いつまでこの状況が続くのか。北朝鮮の言うように『解決済み』であるはずがない」

 被害者と家族の高齢化が進む現状にも触れ、

「本当にもう時間がありません」

 と、日本政府が全力をあげて交渉に取り組むことを求めている。松原氏は生存情報について、さらに切り込んだ。

──

 また、当事者や当事者の家族しか知りえない秘密情報も耳にします。それらを踏まえると、横田さんや田口さんなどの拉致被害者が生存している可能性はきわめて高いと判断できます。

 もっと言えば、これまで北朝鮮が伝えてきた死亡情報は、全てがインチキだった。04年に北朝鮮側が横田さんの遺骨として渡してきた骨も、DNA鑑定で別人だとわかったのは有名な話です。

 北朝鮮は02年に5人を帰国させた時、これで終わるだろうと思ったら「まだ他にもいるだろう」と、むしろ責められてしまった。あの失敗を二度と繰り返したくないと思っていると聞きます。

 拉致問題担当大臣の時、

「特に(拉致被害者の中で)金ファミリーのプライバシーを知っている人を帰すのはまずい。日本に拉致被害者を帰した時に、彼らが帰国後に日本の報道関係者と接触しないように、マスコミとの関係を断ち切れますか?」

 と北朝鮮のエージェントに直接言われました。「報道の自由」の国でそんなことができるわけがないので、

「(帰国した拉致被害者は)理性を持って行動しているので、ご心配のようなことにはなりません」

 と丁寧に説明を続けました。それでも慎重な姿勢を崩しませんでしたが。

 今の北朝鮮には、象徴的存在である横田めぐみさんが帰ってこないかぎり、日本国民が拉致問題を解決したと認識しないことは、メディアを通して伝わっているでしょう。早期の帰国を実現させて成果を出すためには、拉致問題はオールジャパンで取り組むべき問題です。今こそ安倍総理は、これまで交渉に携わってきた日朝の関係機関を大胆に外して新ルートを構築し、みずからがその先頭に立って直接交渉するべきです。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
4
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?