社会

ニッポン人が知らない世界のジョーシキ「テキサスの祭り」

 クリスマスも正月も、お祭り気分で盛り上がるニッポンだが、世界にはどんな祭りがあるのだろうか。アメリカのテキサスには「ガラガラ蛇」の祭りがあり、工芸品のみならず、蛇を食べてしまうイベントなのだとか。一方、ニュージーランドは、なんと雪もチョコも長靴も、何でも盛り上げる祭り大国だったのだ!

ジャスティン(以下ジャス) 毎年この時期は思うんだけど、日本のクリスマスは、お祭りだよね。

ジェシカ(以下ジェシ) そうだね。でも、楽しむためのクリスマスっていうのもありだと思うな。お祭りといえば、テキサスにはどんなのがあるの?

ジャス 年に1回、ガラガラ蛇のお祭りがあるよ。

ジェシ キター! 本当にガラガラ蛇しかないところなのね(笑)。何をやるの?

ジャス テキサス州のスウィートウォーターという街でやるのがいちばん有名なんだけど、生きているガラガラ蛇や革細工のグッズが売られてて、料理なんかも食べられるんだ。

ジェシ ガラガラ蛇を見つけたら殺さないといけないんじゃなかった?

ジャス そういう暗黙のルールはあるけど、祭りに向けて集める人もいるんだ。それで、祭りでは蛇使いのショーがあるんだよ。まばたきより速く動く蛇を素手で捕まえるんだけど、観客席に蛇を投げて客を逃げ回らせて、最後はパシッと捕まえて男らしく言うんだ。「大丈夫」って。だったら投げるなよって(笑)。

ジェシ アハハ。ガラガラ蛇の肉っておいしいの?

ジャス 変な味とか臭いとかはないよ。淡泊。ただ、身がパサパサ(笑)。

ジェシ そうなんだ。ニュージーランドのホキティカっていう町ではゲテモノを食べるお祭りがあって、芋虫やイナゴ、羊の睾丸を食べたりするの。人口が少ない町だから、観光客にはサービス満点なのよ。

ジャス それって「こんな遠くまでよく来たな。まぁ、とりあえず芋虫でも食べてくれよ」って感じ?

ジェシ アハハハ。

ジャス イナゴは日本でも食べられるよね。芋虫は食べたことあるの?

ジェシ 無理! 味はマシュマロに似ているらしいけど‥‥。もちろん、こういうのはニュージーランド人でも「え?」っていう物で、普通に食べてるわけじゃないからね。

ジャス そうなの!? 変わり者の多そうな国だから、日常食かと思ったよ。

ジェシ 確かに変わっているところがあるのは認めるけど(笑)。お祭りでも変なのがあるのよね。クイーンズタウンでやるウインターフェスティバルは、南半球でいちばん大きな冬の祭りで、10日間も行われるのよ。世界で10指に選ばれたおもしろいお祭りだしね。

ジャス 札幌の雪祭りみたいに氷像とかがあるの?

ジェシ そういうのもあるけど、遊び心がある。っていうかオバカな感じ(笑)。雪の上を自転車で走ったり、スーツケースをソリ代わりにして競ったり、船から川に飛び込んで、誰が岸までいちばん速く泳げるかを争ったり。

ジャス ワオ! 心臓マヒ起こしそうだね。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)