芸能

博多華丸・大吉がフジの2番組でしか「新ネタ」をおろさない“真っ当な理由”

 12月12日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多大吉が、フジテレビの限られた番組でしか新ネタをおろさない“真っ当至極な理由”を語った。

「大吉は意外や意外、最新設備の劇場が使いづらいと訴えたんです。理由は、観客の音を全部吸ってしまい、笑い声がステージまで届かないから。つまり、観客の反応がダイレクトに伝わらず、何をやっても『ノレンに腕押し』状態になってしまう。ここぞという時にウケるフレーズを入れても反応が自分に伝わってこないのでは、その後盛り上がるはずもない、というわけです」(芸能ライター)

 一方でここなら安心して新ネタをかけられる場所があるのだという。それが、フジテレビの「ENGEIグランドスラム」と「THE MANZAI」の2番組だ。大吉は、ここ何年か単独ライブで新ネタをやらず、このネタ番組でのみかけてきた。その理由は「絶対にすべらないから」だという。

「まず観客の質が高い。本当に漫才好きな観客が興奮してほとんど立ち上がっているかのような姿勢で聴いてくれるとか。さらに、ステージと客席を屋根で囲んだ『劇場スタイルのセット』でやるから、すごくやりやすいんだそうです。観客の笑い声が天井に届き、そこから跳ね返ってステージに飛び込んで来るので、芸人もどんどん盛り上がっていく構造になっているといいます。ノリノリの観客に芸人が乗せられ、ますますステージがヒートアップ。他局のネタ番組はセットにそこまでのこだわりを持っておらず、大吉も新ネタを披露する危険は冒さないということなんです」(前出・芸能ライター)

 その2つの番組では、番組出演者に最高のパフォーマンスをしてもらうため、番組関係者が様々な劇場を研究。吉本の劇場「なんばグランド花月」のような「天井」が必要不可欠として、大金はたいてセットを制作しているのだという。

 低迷する視聴率ゆえ、フジテレビの番組制作費は削減の一途とも言われる。そんな中でも大吉が絶賛するような「現場スタッフのこだわり」を評価し、フジ上層部は、これからも番組制作の基本に立ち返っていく姿勢をとり続けることが必要だろう。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”