スポーツ

阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦(2)2年契約懇願の金本に困惑

誰も理解できない選手起用を繰り出す指揮官の続投に、ある「スターOB」の登場を待ち望む声が上がっているという。CM撮影のため、8月下旬にアメリカから来日したランディ・バース氏(57)である。元本塁打王はその際、複数のメディアのインタビューに答え、熱くこう語っている。

「当然、できることなら阪神の監督かコーチをやりたいと常に思っている。阪神を優勝させたいんだよ」
 もしオファーが来たら、オクラホマ州議会の上院議員の職をなげうってでも日本へ来る、とも断言したのだ。阪神電鉄関係者が言う。「日本の野球に精通しているバース氏は現役時代、セ・リーグ各球団の外国人野手を神戸のベースボールカフェに連れて行っては、待遇、契約、各チームの投手の配球など、さまざまなレクチャーをしとったんです。さらに、85年の日本一に貢献するなど、勝ち方をわかっている。確かにフロントにも、バース氏の元通訳をはじめとする『バース派』がおりますわ。しかも少数派ではない。せやけど、球団内での実権がない立場の人間ばかりで‥‥」
 フロントから待望論はあるものの、現実的には少々、障壁もあるようで、「阪神退団時に、ひと悶着起こしとるんですわ。息子の病気が理由で一時帰国したのは同情すべきことですが、その後、球団に莫大な損害賠償を要求した。必ず戻ってくると言うたのにクビにされたのは不当解雇や、と。この騒動に頭を悩ませた球団代表が飛び降り自殺するというショッキングな事件が起こったことで、バース問題はタブー視されている面がある。当時の広報担当者が、現在の南信男球団社長(56)やし」(前出・電鉄関係者)
 近い将来の指導者問題といえば、この人の取り扱いも頭が痛いところ。
「右肩を負傷して満足に投げられず、打撃も衰えた金本知憲(43)ですよ」こう話すのは、球団関係者である。
「今後の身の振り方についてフロントと話し合った際、『将来、阪神で監督やコーチとして残る気はありません。でも、まだプレーできるので、あと2年、契約してくれませんか。年俸は1億円以下でも頑張ります。代打専門でもかまいません』と直訴した。40歳を過ぎて体がもうボロボロなのに、まだ現役にしがみつくのは、告発騒動にまでなった例の投資ビジネスの失敗でカネが必要なためです。膝を手術した城島健司(35)が来季戻っても代打中心だと言われているし、左の切り札、桧山進次郎(42)がいる。代打で左2枚は必要ないんです。本音では金本を切りたいフロントと現場は困惑し、弱り切っています」
 とてもCS争いどころではないガタガタぶりなのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ