スポーツ

阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦(1)控え捕手に経験を積ませる!?

阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦昨年のロッテのごとく、3位に滑り込めば日本一の可能性が出てくるクライマックス・シリーズ。ヤクルトが首位を走るセ・リーグの焦点は、3位を賭けた阪神VS巨人の攻防と言っていい。伝統の一戦を彩るのは、両軍入り乱れての「ベンチ裏の乱闘劇」。緊迫の現場を実況ナマ中継レポートする!

控え捕手に経験を積ませる!?
 直接対決も残り3試合となった阪神と巨人。両軍の「今後」で決まっていることといえば、それはぞれのフロントがはやばやと、指揮官の来季続投を明言した点だろう。「たとえ5位になっても方針変わらず」の阪神では「真弓明信監督(58)の続投で、選手たちはガッカリしてますよ。ある主力選手は『えーっ、まだやるの!?』と、心底驚いていました」(阪神担当記者)
 意気消沈し、猫のごとくおとなしくなった虎ナイン。しかも選手のみならず、関西のファン、マスコミとも、この決定にブーイングの大合唱なのである。さる在阪スポーツマスコミ関係者は、「街の声、ファンの本音は『真弓監督だけは勘弁してくれ』のオンパレード。続投にはアキレ果ててますわ、ホンマに。球団もそれを知っていて、コーチ陣を取り替えることで収束を図ることにした。評判のよろしくない木戸克彦ヘッドコーチ(50)と久保康生投手コーチ(53)のことですけどね」
 真弓監督がとんだ不人気ぶりを露呈した原因は、その〝迷采配〟にあるという。
 まず、本塁打は鳴りを潜め、チャンスで凡打を繰り返すうえに、守備でもエラー連発の新井貴浩(34)を4番で使い続ける不可解。あまりの惨状に9月1日、ついに関本賢太郎(33)を4番に据え、新井を7番に降格させたのだが、たった2試合でまた新井を4番に戻してしまう。
「確かに関本は勝負強く、4番抜擢に文句はない。ただ、今年は主に代打出場で、常時スタメンで出ていたわけでもない。6、7番あたりでずっと使い、調子がよければ4番でシーズン終了まで‥‥というのならわかる。クライマックス・シリーズ(CS)出場がかかった時期に、あんな使い方はないでしょうに。ヤル気をなくさせてますわ」(在阪スポーツ紙デスク)
 もう1試合も落とせないシーズン終盤に、指揮官はさらに報道陣とファンを驚かせる動きを見せた。前出・阪神担当記者がアキレ返る。
「先発の久保康友(31)が2回途中4失点で、はやばやとノックアウトされた9月17日の広島戦。真弓監督は久保とセットで引っ込めた捕手・藤井彰人(35)の代わりに、どういうわけか、小宮山慎二(25)を起用した。報道陣にその理由を聞かれて、『小宮山にも経験させなイカンから』。えぇっ、この時期に控え捕手を? CSの望みがなくなったチームの来季を見据えた若手育成じゃあるまいし。もう、ボロクソ言われてまっせ」

カテゴリー: スポーツ   パーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論