スポーツ

阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦(3)「またアルバラデホかよ!」

一方の巨人──。原辰徳監督(53)も、渡辺恒雄球団会長(85)と桃井恒和オーナー兼球団社長(64)がそろって続投を明言したが、「評判は悪くなる一方ですよ」
 と表情を曇らせるのは、スポーツ紙デスクである。
「昨オフにフロント入りした伊原春樹前ヘッドコーチ(62)のように、目を光らせるコーチがいない。皆、年下のイエスマンばかりなんですよ。だからサインを出したり作戦を立てたりするのも監督がメインですが、思いつき、ひらめきのような采配に、選手たちがついていけないようで‥‥」
 開幕投手の東野峻(25)が連敗を重ねるや、ストッパーに転向させたものの、アッという間に先発に戻すという不可思議な起用は、顕著な例である。
「将来の主軸を期待されている坂本勇人(22)を突然、不慣れな2番で使ったかと思えば、すぐ1番に戻したりも。そういえば、坂本をで、1打席目にいきなりバントをさせたんです。クリーンアップとして育てるための5番かと思っていたら、緊迫した接戦の終盤でもないのに、ですよ。選手たちも『何なんだ、アレは』とアゼンとしていました。当初は抑え投手に抜擢したアルバラデホ(28)が、失格の烙印を押されてからも大事な場面で使っていることにも、『またしょうもないアルバラデホかよ!』と、野手陣から不満の声が上がっています」(巨人担当記者)
 先の直接対決3連戦(9月23日~25日)の初戦に中継ぎ登板したアルバラデホは、新井とマートン(29)に打たれて2失点、1アウトを取っただけで降板。結果的にこれが、敗色濃厚だった阪神とドローに終わる大きな要因になった。
 投手陣の要であるエース・内海哲也(29)などは、昨年、なかなか勝てない状況に「ニセ侍」と罵倒されたことを、今も忘れていないという。球団関係者が声を潜めて言う。
「内海は、東野や山口鉄也(27)、澤村拓一(23)など、若い投手陣の相談役となり、食事にも連れて行っているリーダー的存在です。その内海がアンチ原監督となれば、必然的に若手投手陣が『同盟』を形成して‥‥」
 敵は足元にあり、である。
 とはいえ、原監督にも気の毒な面はある。フロントが獲ってくる外国人がことごとくダメなのだ。打率1割台に沈み、チャンスでもまったく打てなかったフィールズ(28)が、9月18日の中日戦で、71打席目にしてようやく初本塁打と初打点を記録。原監督は、
「ジャイアンツファンの中でも、私がいちばん喜んでいるんじゃないかな」
 と興奮したのだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?