スポーツ

「西武・清原監督隠」隠密交渉の全貌(5)1年限定で「弱い球団」希望

 監督人事どころか、球団ごとストーブリーグに突入しているのがセ・リーグ最下位を独走中の横浜だ。
「このままのペースで負け続ければ、4年連続で90敗に突入する。仮に来年もTBSが親会社のままだとすれば、こんなヒドイ成績の尾花高夫監督(54)を続投させることなどないでしょう」(遊軍記者)

 3年契約のあと1年を残しての、途中解任である。「最弱&不人気&大赤字」球団・横浜の監督問題には、昨年から浮上している球団身売り騒動が深く関わってくる。昨年は住生活グループが名乗りを上げたものの、合意に至らず。今年はノジマ電機、モバゲーのDeNA、旅行代理店のHIS、さらにエネオス石油のJX日鉱日石エネルギーが売却先としてあがっている。球団関係者はこう嘆くのだ。
「誰もこんな弱いチームの監督などやりたがらない。
(OBでない)外部の人は特にね。自分の経歴に泥を塗りたくないでしょうから。あの〝大魔神〟佐々木だって、万が一にもオファーを受けないよう、逃げ回っている始末です。来年も横浜のままなら、現コーチ陣の誰かが内部昇格するしかないでしょう」
 では、球団の売却先が見つかり、新球団となった場合はどうなるのか。なんと、仰天の情報が飛び込んできたのだ。あの新庄剛志氏(39)である。
 新庄氏は先頃、2年ぶりのテレビ出演のため、生活拠点とするインドネシアのバリ島から帰国した際、スポーツ紙のインタビューに答え、「1年契約で監督をやりたい」と告白。「10日間試合をして、打率のいい順番に1番から使う」「選手に練習しろとは言わない」などと、宇宙人的アイデアを披露したのだった。そして興味のあるチームについても、こう宣言。
「弱い球団がおもしろいよね。今、最下位はどこ? 横浜と西武? 西武は強いじゃん」
 ハッキリ、横浜を示唆したのである。スポーツライターが耳打ちする。「本人がソノ気になっているのは事実です。新庄はかつてFAする際、国内なら横浜移籍を希望していた事実がある。実際、オファーを出す可能性があるのは、個性的なオーナーに代わった時の横浜しかない」
 バリ島で絵を描きながら、悠々自適生活の新庄氏。「だから刺激が欲しいんですよ(笑)」(前出・スポーツライター)
 2年契約最終年の中日・落合博満監督(57)にも、クビの二文字がヒタヒタと迫る。中日担当記者が嘆く。「就任以来、一度もAクラスを外していないのに、とにかく客が入らないから、球団は毎年赤字。試合が・・・・つまり落合采配がおもしろくないからです。しかもマスコミには一切取材協力せず、系列の中日新聞にも話さない。『見てのとおりだ』『何かあるか、今日は? ないだろ』などのひと言で終わるので、皆、激怒していますよ」
 中日新聞の幹部をはじめ、地元・名古屋の財界からも「もういいだろう」の声が上がっているという。「後任は、ミスター・ドラゴンズの立浪和義氏(42)が既定路線。選手からの人望も厚く、大スターだから客も呼べる。一気にV字回復です」(球団関係者)
 アァ、悲しき名監督。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”