芸能

アル北郷の「ビートたけし、大爆笑1日密着ルポ」(1)イギリス産の高級車で到着

 ここに登場するエピソードの多くは、以前、わたくしが殿の付き人を務めていた7年の間に培ったものです。ぼちぼち“ネタ枯れ”がささやかれている昨今、さらなるネタ補充の目的と初心に帰る意味で今回、わたくし、アル北郷41歳、約9年ぶりに殿の付き人を務めて参りました。今回はページ拡大版にてお読みください。では。

 楽屋にて殿を待つこと1時間、殿の運転手よりマネジャーに「そろそろ到着します」といったメールが入り、そのメールを合図に、わたくしたちはテレビ局の地下駐車場へと降り、殿の車を待ちます。

 20時過ぎ、予定どおりに殿を乗せた白くどでかいイギリス産の高級車が駐車場に到着し、すばやく後部座席のドアを開けたわたくしは、「おつかれさまです」とご挨拶。殿は、

「おう」

 と小さく声を漏らすと、やや猫背ぎみに歩き、エレベーターへと向かいます。

 この日の殿は、黒いカシミアのセーターに色の濃いインディゴブルーのデニムパンツ。そして、実に品のよい白いスプリングコートを羽織り、さらには最近お気に入りのボルサリーノの帽子とサングラスを着用してのスタジオ入りです。

 この殿のお姿を見た暁には誰もが、「ちょっとおしゃれなアウトレイジ」とツッコんだことでしょう──。

 花見シーズンも一段落した、とある強風吹き荒れる夕方、わたくしは9年ぶりに殿の付き人を務めるべく、「ニュースキャスター」を放送するTBSのある赤坂へと先乗りして、到着をお待ちしておりました(移動は運転手の仕事)。

 ちなみに、殿はこの日、すでに昼から4時間にわたるテレビ番組の収録を1本済ませており、TBSは本日2本目のお仕事。付き人のわたくしが体たらくにも1本目のお務めだというのに、本当によく働く66歳です。

 思えばわたくし、9年前まで、殿の付き人を務めておりました。その期間は26歳から32歳までの7年間であり、あの頃は来る日も来る日もテレビ局で、または映画の撮影現場にて、殿の回りをウロチョロとしながら「おい、タオル」「おい、お茶」「おい、タバコ(当時殿は日に2箱はお吸いになっていて、6年程前にピシャリとおやめになったのです)」といった殿の要求に一喜一憂し、“しっくはっく”しながら、なんとかクビにならない程度のミスを繰り返し、付き人稼業を務めあげていたのでした。

 本日は久々の任務。ミスなく付き人を終えることができるだろうか‥‥。

 そんな一抹の不安を覚えながら、TBSの楽屋へと入りました。

 楽屋に入ってまずしたのは、屈辱的にも現ビートたけしの付き人で、15歳も年下の“シェパード太郎さん”に頭を下げ、最近の付き人のやり方についてレクチャーを受けたことです。

 彼、この時、わたくしが下手に出たのをいいことに、あきらかにいつもとは違うやや横柄な口調と声のトーンで、ここぞとばかりに、

「北郷さん、9年前にやっていた付き人をいきなり今日来てできるんですか? そんな甘いもんじゃないと僕は思いますよ。昔と今じゃ、付き人のやり方だって違うんですから」

 と、思いっきり苦言を呈されたのでした。

 人間、立場が変われば、口調も態度も変わるもの。きっとこういったタイプが、戦争などが起きた時に、一番悪いことをする人間なのでしょう。

 さて、そんなこんなで、殿を待っていたのです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由