芸能

小泉進次郎がドキッ?吉本興業、ミルクボーイ以外にいた「ブレイク目前芸人」

 6月にカラテカ・入江慎也の仲介による雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮らの「闇営業問題」が発覚したほか、10月にはチュートリアル・徳井義実が「無申告問題」により活動自粛となるなど、揺れに揺れた2019年の吉本興業。

 さらには活動自粛にこそ至らなかったもののブレイク中のEXIT・兼近大樹を巡る「過去の逮捕歴」が報じられるなど、次々とトラブルに見舞われた一年となった。

 想像を絶するダメージを受けた同社だが、そんな中、「明るい話題」も──。

「昨年12月22日にM-1王者になったのは、08年のNON STYLE以降同様、吉本所属のミルクボーイで吉本の底力を見せつけました。が、このこのところ『吉本の将来を背負うにふさわしい芸人がいよいよブレイクしそうだ』とまで言われている“伏兵”がいるんですよ」と、明かすのは芸能関係者だ。

 その芸人とは吉本新喜劇に所属する信濃岳夫だという。続けてもらおう。

「信濃は12月14日に放送された『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)で『小泉進次郎の結婚会見』のものまねを滝川クリステル役の金原早苗と共に披露して一躍注目を浴びたのですが、彼は“進次郎似”のルックスにあわせてとにかく芸に幅があるんです」

 新喜劇では「リーダー」の肩書で次期座長候補として活動している信濃。

「集団でもトークの中心となって場を回すことができる上、個人的な演技力、発想力も群を抜いている。彼なら全国区のゴールデンタイムでバリバリ活躍できるはず。遠からず司会者としても開花するでしょう。ルックスを活かして役者としてのブレイクまで期待できます」(前出・芸能関係者)

 2020年は“進次郎似”芸人に注目したい。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】