芸能

「主演ドラマで記者役」吉高由里子、私生活の「知らなくていいコト」に肉薄!

 吉高由里子(31)が、日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」で週刊誌記者を演じている。同ドラマの中に登場する「週刊イースト」の特集班として連日連夜、政界の汚職から芸能人のスキャンダルまでスクープ獲得に励む記者という役どころだ。

 ちなみに同ドラマのキャッチコピーには「信じられないスクープは、私自身のことでした」とある。まるで現実でメディアの追及を待っているようである。ならばエールを送るべく、ドラマでの吉高よろしく、彼女自身に関する最新スクープを関係各所から徹底取材しよう。まずは日テレ関係者がささやいた。

「今回のドラマの撮影現場では彼女が週刊誌に掲載されている艶系グラビアに大興奮しているともっぱらの話題なんです。収録に際し、吉高は実際に刊行されている週刊誌を資料としてスタッフからもらっているんですが、それだけでは飽き足らず、自分自身でもコンビニで何冊も購入している。現場に持ち込んで隅から隅まで読み込んでいるんです」

 なんとも感心、実に女優のカガミではないか。いや、仕事のためだけに広げているわけではないようで…。

 彼女に関する「知らなくてもいいコト」は、1月14日発売のアサヒ芸能1月23日号で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人