事件

逃亡ゴーンに「映画化含みで爆弾手記準備」「暗殺部隊が始動」が急浮上!

「逃亡先」のレバノンで日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告=会社法違反(特別背任罪)などで起訴=が沈黙を破り、記者会見の場で口を開いた。

 自身の潔白を主張しまくり、古巣の日産への恨み節などをぶちまけたゴーン被告だが、水面下では「爆弾手記」の準備を進めているというのだ。

 その驚くべき中身とは──。

「接見した弁護士から『細かな内容を書くように』と指示され、拘置所での検察官とのやりとりだけではなく、その時に感じた憤りや妻への気持ちをノートに綴り、弁護士に報告。保釈後も裁判所に提出するための『日報』もかなり詳細に記載しています。この中で日々の活動を書くとともに、ゴーンがかなり気にしていたのは、外出時についてくる『尾行』の存在でした。実際には日産側が派遣していた警備の人間だったのですが、ゴーンは『日本の司法が常に監視している!』と弁護団にその正体を告発するように依頼していたとか。こうした『身のまわりに起きた脅威』なども合わせ、手記の発表をレバノン人の知人に話していたのです」(全国紙司法担当記者)

 手記を発表した後には映画化も画策しているようだ。

 ハリウッド映画の有名プロデューサーとの“密会”や、ネットフリックスの独占契約を結んだことまで報じられている。

「ゴーンが考える映画のイメージは、95年に公開された映画『告発』(ワーナー・ブラザーズ)です。アルカトラズ連邦刑務所で受けた虐待を告発し、閉鎖まで追い込んだ実話で、理不尽で不遇な時を過ごす自分と照らし合わせているのでしょうか」(前出・記者)

 主人公のゴーン被告が世界に向けて日本の司法制度を糾弾。そのエンディングも気になるところだが、一方で、レバノンでは過激派の「暗殺部隊」が始動しているという情報まで飛び出して──。

 その理由も含め、1月14日発売のアサヒ芸能1月23日号で特集されている。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
石田ひかり“ホルモン剤治療”報告でなぜか上がった姉・石田ゆり子への心配