芸能

「主演ドラマで記者役」吉高由里子、私生活の「知らなくていいコト」に肉薄!

 吉高由里子(31)が、日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」で週刊誌記者を演じている。同ドラマの中に登場する「週刊イースト」の特集班として連日連夜、政界の汚職から芸能人のスキャンダルまでスクープ獲得に励む記者という役どころだ。

 ちなみに同ドラマのキャッチコピーには「信じられないスクープは、私自身のことでした」とある。まるで現実でメディアの追及を待っているようである。ならばエールを送るべく、ドラマでの吉高よろしく、彼女自身に関する最新スクープを関係各所から徹底取材しよう。まずは日テレ関係者がささやいた。

「今回のドラマの撮影現場では彼女が週刊誌に掲載されている艶系グラビアに大興奮しているともっぱらの話題なんです。収録に際し、吉高は実際に刊行されている週刊誌を資料としてスタッフからもらっているんですが、それだけでは飽き足らず、自分自身でもコンビニで何冊も購入している。現場に持ち込んで隅から隅まで読み込んでいるんです」

 なんとも感心、実に女優のカガミではないか。いや、仕事のためだけに広げているわけではないようで…。

 彼女に関する「知らなくてもいいコト」は、1月14日発売のアサヒ芸能1月23日号で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美