芸能

美女アナ「フェロモンパーツ」選手権(2)テレ朝・弘中綾香のヒップに変化が

 続く「美ヒップ部門」では、NHKの林田理沙アナ(31)が「ギャップの魅力」でオトコたちをトリコに。NHKスタッフが興奮を抑えきれずに、まくしたてる。

「身長150センチ台前半かつ痩せ型で、バストは推定Bカップ。ですが、そのカラダからは想像もつかないインパクト絶大なヒップの持ち主なんですよ。ボリュームたっぷりの『大きな安産型』で、上向きの形状も実に素晴らしい。小柄な体型とのギャップにソソられて、ゾッコンになる同僚が続出しています」

 もっとも、彼女にとって、大きなヒップはコンプレックスのようで、

「『ブラタモリ』のアシスタントを担当していた時は、カメラに背後から尻を写されるのを恥ずかしがっていた。報道番組が中心の今となっては、非常にレアな尻になってしまいました」(NHKスタッフ)

 この「美ヒップ部門」で着実にランクアップしているのは、テレビ朝日の女王・弘中綾香アナ(30)。テレ朝関係者が再び語るには、

「1年前に動画企画で美尻エクササイズを教わった後、自宅でコツコツと継続しているんです。先日は動画スタッフに『お尻が重量に抗うようになった』と、成果を報告していました」

 そして日本テレビは今、着々と「美尻王国」を築き上げつつある。

「昔から日テレの女子アナは美尻揃い。かつては94年のミス日本をムッチリ美尻で勝ち取った後、鳴り物入りで入社した森富美アナ(47)が『美尻女王』として君臨していた。近年は郡司恭子アナ(30)、笹崎里菜アナ(28)が質感、ボリューム感ともに、素晴らしいのひと言。入社時の選考基準に『美尻』があるのではないかとまで思わせる人材が揃っています」(構成作家)

 テレビ東京・角谷暁子アナ(26)は「ふくらはぎ部門」で独走中。バラエティー番組スタッフの証言。

「彼女はヒップラインから爪先までの形状とバランスがすこぶる生々しく、とりわけ、ふくらはぎが絶品。その評判は局内に知れ渡り、『角谷のふくらはぎが映っているだけで視聴率が取れる』と絶賛されている」

 局内では、制作陣が無理やりにでも彼女のふくらはぎを画面に収めるべく画策しているといい、

「とりわけ露骨なのが、和室に座らせる番組の企画。これらは『発見!ニッポンの100年』『カドが立つほど伺います』などで実現しています。実際に視聴率も好調で、角谷アナの『ふくらはぎ神話』が証明される結果となりました」

 そんな中、立ち仕事でまさかの赤面ハプニングに見舞われてしまった。

「2月28日に彼女が出演したBSテレ東『スクープ報道2021』のスタジオのセットは、光沢感ある黒い床。いつも以上にふくらはぎの美しさが際立っていたのですが、床に反射してスカートの中が丸見えになった」(番組関係者)

 すぐに本人も気付き、終始スカートを押さえていたというが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び