芸能

日テレ森圭介アナ、「伊藤美誠“妨害ライト事件”」で「ポエム投稿」の「真相」

 連日、熱戦が繰り広げられた東京五輪。過去最多となるメダルラッシュに日本中が盛り上がる中、選手の奮闘に水を差す「大ヤラカシ」をしてしまったのが「スッキリ」(日本テレビ系)だ。

 7月28日の卓球女子シングルス準々決勝。日本の伊藤美誠と韓国のチョン・ジヒとの試合中に”事件”が発生した。第4セットの序盤、伊藤は審判に「取材陣のカメラのライトがまぶしい」とジェスチャーでアピール。ネット上では対戦国である韓国メディアの“妨害工作”ではないかとの憶測も飛び交ったのだが─。

「結局、伊藤が指摘したライトをつけていたのは日本テレビの『スッキリ』のスタッフ。『デイリー新潮』の問い合わせに日テレ側も『当該クルーが日本テレビの取材班だったことは事実』と認めています」とは日テレ関係者。

 そんな中、妨害ライト事件の現場に居合わせた同番組のサブMC・森圭介アナの「意味深ツイート」にも注目が集まっている。

 8月4日に森アナが投稿したツイートは以下の通り。

〈悔やんでも悔やみきれないことをしてしまった時は、そのこと自体を忘れたくなってしまうけど、もうニ度とそんなことをしないように紙に書く。書かずとも胸に刻めばいいと言えるほど、自分を信用してない。書く。忘れないように、書く〉

 この投稿にSNS上で「ポエムを書いている場合か」「伊藤選手に直接謝れ」との批判が殺到しているのだ。

 なぜ森アナは“ポエム”を投稿してしまったのか。

「『スッキリ』スタッフ間の力関係だと森アナの権限は『中の下』程度。勝手に謝罪コメントを出したら上の人間からカミナリが落ちるのは確実です。世間と番組関係者の双方に気を遣った結果、中途半端なポエムを投稿するしかなかったのが真相でしょう」(前出・日テレ関係者)

 悩ましい立場の森アナであったようだ。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス