芸能

国民的フェロモン女優たちの最新「バスト揺れ番付」〈十両部門〉本田翼はアラサー肉体改造で「メロンバスト」化

 幕内を狙う十両部門もベテランから若手まで、錚々たるバスト揺れ女優が揃い、「揺れ審」に続々と報告が上がっていた。

 5年前に自身のSNSで「本物のFカップ」と公表した真木よう子(39)は、幕内復帰を虎視眈々と狙う十両の筆頭。ヒロインを務めた昨年の冬ドラマ「青のSP─学校内警察・嶋田隆平─」(フジ系)では、大胆な“揺れ場”を作っていたと、テレビ誌ライターが述懐する。

「第3話でいなくなった生徒を駆け足で捜索した際に完熟バストが上下左右に大揺れ。体のラインを強調したピチピチのインナーと相まって、乳揺れのお手本のような完成度でした」

 熟女優では、上戸彩(36)も返り咲きが期待される。1月ドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)では主人公を支える献身的な人妻を演じたが、ファンの股間をアツく滾らせたのが、14年放送の「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジ系)で魅せた背徳シーンだ。

「生々しい不倫愛が描かれ、最終話の平均視聴率は16.5%を記録するヒット。それよりも男性視聴者が注目していたのは、上戸が自転車に乗るシーンです。平凡な主婦ということで服装やメイクは地味なのに、豊満バストは衣服の上からもはっきりとわかり、ペダルを踏むたびにユッサユッサと揺れ、目が釘づけになりました」(テレビ誌ライター)

 地上波において過激な性描写は御法度でも、乳揺れに規制ナシ。視聴者の妄想を掻きたて、見事、劇場版のヒットにつなげた。

 三十路になる約1年前から肉体改造に励んでいる本田翼(30)は、三役入りの呼び声が高い。ファッション誌編集者が耳より情報を寄せる。

「一時はコロナ太りでムッチリボディになりましたが、食事の改善や筋トレに体が慣れて、落としたいところは落ちて、ターゲットにしたい部位の筋肉がつきやすくなったそうです。メリハリボディを目指し、ウエストを絞り、ヒップアップのトレーニングをすることで、バストの膨らみが以前より目立つようになったとか」

 このまま「メロン乳」化まっしぐらとなれば、幕内上位をぶちかます日も近い!?

 若手では、高橋一生との熱愛が報じられた飯豊まりえ(24)や、今年の冬ドラマ「逃亡医F」(日テレ系)に出演した森七菜(20)は「隠れ巨乳」として知られる逸材。すでに出演作で揺れの片鱗を見せており、着実に白星を重ねて番付を上げてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来