芸能

飯尾和樹(ずん)浅井企画に入った経緯は?

テリー 浅井企画にはどういう経緯で入るの?

飯尾 高校を卒業する時にお笑いをやりたかったんですけど、どうすればいいかわからないんですよ。それで最初、劇団に入るんですけど、ピチッとした全身タイツで踊らなきゃいけないレッスンがあって。それがイヤで3カ月ぐらいでやめまして。

テリー へぇ。

飯尾 それで「俺は芸能界に向いてない。公務員になろう」って大学を目指すんですよ。でも、あれって大学のほうから断ってくるんですよね。

テリー アハハハハ、受からなかったってこと?

飯尾 そうですね。そしたら、NTTに勤めていた先輩が(浅井企画のある)五反田のほうを担当してたんですね。昔は看板に事務所の電話番号が書いてあったんで、「カズ、これ欽ちゃんの事務所じゃないか」って電話番号を教えてくれまして。それで1月の祭日にかけちゃったんですよ。

テリー 休日じゃ誰もいないよね。

飯尾 それが、たまたま事務所で作家さんがネタを書いてまして。その人が「明日、専務が来るから電話してみろ」って言ってくれたんですね。それで次の日に電話したら、その専務に「お前、明日ヒマなんだろう。顔見せに11時半に来い」って言われて、事務所に行ったんです。そしたら僕、高校でバレー(ボール)部だったんですけど、あの頃の部活って、先輩からのビンタとかあったじゃないですか。

テリー まぁ、昔はね。

飯尾 うちのバレー部は、例えば3年生に「いいか1年、お前ら声が出てないんだよ」って言われたら、「いいか」のところで返事しなくちゃいけないんですよ。「いいか」「ハイ!」「お前ら」「ハイ!」「声が」「ハイ!」「出てないんだよ」「ハイ!」って、細かく返事しないと「お前ら、聞いてるのか」ってビンタがくるんです。

テリー うわぁ。厳しい部活にいたんだねぇ。

飯尾 だから、その時もスイッチが入っちゃって。「お前、飯尾っていうのか」「ハイ!」「東京の」「ハイ!」「出身で」「ハイ!」って言ってたら、「お前、返事がいいな」って言われまして。その専務がバリバリの体育会系の野球部で、それで入れたんです。

テリー でも、それはさ、専務に何か感じるものがあったんじゃないの?

飯尾 ちょうどルー大柴さんが若手を使って舞台をやりたいという時で。2、3人募集しようとした時に、僕が電話してきたらしいんですね。それで「もう1人、返事がよくて入ったヤツに会わせるから」って、会ったのがウド鈴木でした。

テリー あ、そう(笑)。で、今の「ずん」を組むまで、2つコンビを解散してるんだね。

飯尾 もうバツ2です。最初、小学校からの幼馴染と「チャマーず」というのを組んで1年ぐらいで解散して。その後、すぐ事務所の子と「La.おかき」っていうのを組みまして。ちょっとテレビにも出られるようになったんですけど、5年ぐらいで解散しました。

テリー ウドちゃんとはずっと仲いいでしょう。組もうとは思わなかった?

飯尾 これがテリーさん、1回もそういう話は出なかったですね。2人ともずっとヒマで、お互いの部屋でしょっちゅう飲んでたんですけど、お互いを生かせないと思ったんでしょうね。でも、ウドはやっぱりおもしろかったですよ。

テリー 特別な人だからね。

飯尾 「ウド鈴木のショートコント」って始めるんですけど、延々とやってるんですよ。で、25分ぐらい過ぎて「続きましてパート2」って言ったんです。その頃、天野(ひろゆき)は別のコンビで、僕と舞台袖でスタンバってたんですけど、「こいつ、ショートコントの意味、わかってるのかな」ってゲラゲラ笑ってましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」