芸能

飯尾和樹(ずん)「心の中では結構舌打ちしてます」

●ゲスト:飯尾和樹(ずん)(いいお・かずき) 1968年、東京都生まれ。1990年、浅井企画に所属。お笑いコンビ「チャマーず」「La.おかき」を経て、2000年、「ずん」結成。2001年、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のレギュラーとなり、知名度を上げる。現在は「さんまのお笑い向上委員会」「ノンストップ!」(共にフジテレビ系)、「ZIP!」(日本テレビ系)、「飯尾和樹のずん喫茶」(BSテレ東)など多数のバラエティー番組に出演中。近年は多くのドラマや映画にも出演、役者としても活躍。最新著書「師匠!いらしたんですか」(PARCO出版)発売中。

「ぺっこり45度」や「忍法メガネ残し」など、じんわりと来るギャグでバラエティー界を席捲中の「ずん」の飯尾和樹。近年は役者としてもドラマや映画で活躍中だ。8年前に天才テリーから言われた、今も肝に銘じているひと言とは? 癒やし系とも言われる真実の人柄に迫る!

テリー 毎日忙しいね。

飯尾 いいえ、テリーさん、とんでもないです。20代の頃、ヒマで床ずれできるぐらい寝てましたから。

テリー 何なの、この人気の秘密は。

飯尾 いやぁ、同期のキャイーンやネプチューンとかが冠番組という自分の城を持って、そこに招待してくれるんですよ。あと、昔ADだった子が出世して、「やっと飯尾さんをブッキングできるようになりました」って言ってくれたり。僕じゃなくて、周りが育ってくれたという。

テリー でも、それで呼ばれるのは飯尾さんの人柄じゃない。よく癒やし系とか言われるでしょう。

飯尾 いや、癒やし系でも何でもないですよ。好き嫌いもはっきりしてますし、心の中ではけっこう舌打ちしてます。

テリー そうなんだ(笑)。生まれは東京?

飯尾 はい。世田谷と目黒の区境の下馬(しもうま)っていう。

テリー え、あんないいところに家があるの? 今も?

飯尾 はい、実家は。

テリー お金持ちじゃない。

飯尾 いやいや、テリーさんやめてくださいよ。両親は目黒区役所で共働きだったんですよ。僕が5歳の時に、親父が「そろそろ一軒家を買おう」って、最初は向ヶ丘遊園(神奈川県)が候補にあったんですよ。

テリー ああ。あそこもいいところだけど都心までは少し遠くなるね。

飯尾 そうなんですよ。だから、共働きで何かあったらすぐ駆けつけられるように、家はちょっと狭くなるけど「じゃあ、下馬で」って、親父が勝負してくれたんですね。でも、「3年遅れたら買えなかった」って言ってました。タイミングがよかったんですよ。

テリー でも、下馬なんてお坊ちゃんだよね。

飯尾 いや、でも公務員ですから。「和樹の誕生日は12月22日だから、クリスマスプレゼントと一緒な」みたいな、都合のいいところで簡略化されて。ほんと波風の立たない、ドル円で言えば1ドル105円とか110円の、安定した生活でした。

テリー 子供の頃からお笑いは好きだったの?

飯尾 両親がいつもテレビでバラエティーをつけてて、ずっとお笑いを見てまして。小松政夫さんと伊東四朗さんの「電線音頭」とかを見て、「なんだこれ」って。僕ら世代の王道ですね。大将(萩本欽一)やドリフターズがいて、「THEMANZAI」や「オレたちひょうきん族」があって、とんねるずさん、ダウンタウンさんがいてっていう。やっぱり小学生ながら6時間授業で、45分×6、興味ないことでもずっと座ってたわけじゃないですか。そのストレス発散で見てましたね。ゲラゲラ笑って寝るっていう。

テリー そうすると当時からおもしろい子だったの?

飯尾 いや、おもしろいことを思いついたら、次の日友達にボソボソって言って、6人ぐらいでゲラゲラ笑ってるみたいな。女子からは「何が楽しいんだろうね」って思われてるような、普通の子だったと思います。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」