スポーツ

プロ野球12球団「時限爆弾男」カウントダウン〈セ界大恐慌〉(2)DeNA・三浦監督はバウアーの首に鈴を付けられるか

 そんな巨人とは別次元の補強に動いたのがDeNA。3月14日に20年のサイ・ヤング賞投手のバウアー(32)獲得を発表したのだ。

「まさに“黒船”の再来ですよ。平均球速151キロのストレートは回転数が豊富。球速表示以上に伸びのあるボールで、ポップフライを量産するでしょう。スライダーとカーブのコンビネーションによる奪三振にも期待できる。1年間ローテーションをフルで回れば14勝ぐらいは固い数字です」(友成氏)

 しかしながら、輝かしい前評判ばかりではない。マイナス面も見て見ぬふりはできないだろう。

 在米スポーツライターが言う。

「21年にドジャースと3年107億円の超大型契約を結びましたが、同年5月に『性行為中に暴行を受けた』と女性から訴えられていたことが発覚した。その告発内容は『意識を失っている間に顔を何回も殴られた』など“ハード”なプレイばかりです。同年6月に一連の性的暴行疑惑を調査するMLB機構から休職勧告が出されてしまいました」

 そのまま21年シーズンの後半を棒に振り、22年4月にはDV規定違反により2シーズンに相当する324試合の出場停止処分が科せられた。同年12月にバウアー側の異議申し立ての調停により194試合の処分に短縮されたが、23年1月にドジャースから追放処分が下されたのだ。

「約30億円の年俸はドジャース負担になるため、他のMLB球団は最低年俸の1億円弱で獲得できましたが、素行の悪さを問題視してどこも手を挙げなかった。唯一、獲得に前向きだったのがDeNAでした。WBC決勝で先発した今永昇太(29)に今オフのポスティングでのメジャー移籍が浮上している。そのため、球団フロントは『今年が優勝するラストチャンス』と、南場智子オーナー(60)に獲得を訴えたといいます」(スポーツ紙デスク)

 当然ながら、南場オーナーは“前科者”に二の足を踏んだという。

「昨オフにロッテからソフトバンクに移籍したオスナ(28)を引き合いに出して説得したそうです。オスナも恋人に暴力を振るい、出場停止処分を受けた過去がありますが、日本球界に移籍して同様のトラブルは確認されていない。球団が公私にわたって監視する体制を敷く方針のようですよ。そうは言っても、気の優しい三浦大輔監督(49)がバウアーの首に鈴を付けられるかどうか‥‥」(スポーツ紙デスク)

 選手起用に不安を抱えているのは阪神の岡田彰布監督(65)とて同じこと。主力の大山悠輔(28)と佐藤輝明(24)のスロースターターぶりが目に余るからだ。

「オープン戦の打率は大山が1割6分、佐藤が2割8厘。本塁打は大山、佐藤ともにわずか1本のみです。ただし、2人が低迷する責任の一端は岡田監督にある。秋季キャンプから春季キャンプにかけて打撃フォームにメスを入れている。とりわけ、春季キャンプから佐藤に取り組ませている“ノーステップ打法”は賛否両論。持ち味の豪快さが鳴りを潜めている。オフにソフトバンクの柳田悠岐(34)を手本に取り組んだ“万振り”とは真逆の理論だけに、迷いが生じているのかもしれません」(球界OB)

 就任早々にヒンシュクを買っているのは広島の新井貴浩監督(46)だ。

「マネジメント会社が付いていて、個別取材のたびにギャラを要求されるんです。それも1本あたり20万円を要求された社もあったと言います。予算に余裕のあるテレビ局ならまだしも、新聞や雑誌に払える金額ではありません。その結果、新任監督ですが、メディア露出は控えめになりそうです」(スポーツ紙デスク)

 どこもかしこもトラブルだらけのセ・リーグ。スタートダッシュで、株を上げるチームは現れるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白