スポーツ

プロ野球12球団「時限爆弾男」カウントダウン〈セ界大恐慌〉(1)巨人・菅野が「自己申告違和感」の謎

 日本中を熱狂の渦に包み込んだ、WBCでの世界一奪還。その栄光の陰に、己の株を大暴落させた「残念侍たち」がいる。セ界の相場を混乱させる爆弾男を総まくり!

 晩節を汚しそうだ。17年目のシーズンを迎える、巨人・坂本勇人(34)である。オープン戦で打率6分5厘(3月24日現在、以下同)の大スランプに陥っている。

 球団関係者がため息を漏らす。

「侍ジャパンの栗山英樹監督(61)のラブコールを断ってまでシーズンを優先させましたが、速球の対応に苦しんでいます。周囲に『3000本を目指すレベルじゃない‥‥』とみずから弱音を吐く日もあるといいます。原辰徳監督(64)は坂本の開幕スタメン起用を示唆していますが、最近のお気に入りはショートでポジションがカブる新人の門脇誠(22)です。高校1年生から大学4年生まで、公式戦にフル出場してきた体の頑丈さは原監督好み。そつのないプレーにも定評があります」

 世代交代の波は人気面にも影を落としている。球団関係者が続ける。

「坂本関連グッズの売れ行きが芳しくないんです。どうも昨年の“けつあな騒動”の一件で若い女性ファンが離れてしまったらしい。球団は代わりに独身の吉川尚輝(28)を売り出そうとしていますが、ファンの反応はイマイチのようですね」

 ベテラン野手の受難は枚挙に暇がない。昨オフにソフトバンクから加入した松田宣浩(39)は新天地でも元気印。WBCで不在だった新主将・岡本和真(26)の穴を埋めるムードメーカーとして、日増しに存在感を高めていたが‥‥。さる球界OBが耳打ちする。

「実は、原監督の中では構想外の選手。そもそも王貞治ソフトバンク球団会長兼特別アドバイザー(82)から直々に頼まれてしぶしぶ、という獲得の経緯があるからね。中島宏之(40)、長野久義(38)と『右の代打』枠を争うことになる。ベンチやファームで、ベテランたちが“大渋滞”を起こして不穏分子にならないか今から心配だよ。中でも松田は、ヘッド時代の小久保裕紀2軍監督(51)の采配に対して、苦言を若手や記者連中に漏らしていた過去がある。人心掌握術に長けているだけに厄介な存在なんだ」

 野手だけではない。投手が抱える爆弾もまた恐ろしい破壊力を秘めている。球界関係者が明かす。

「18日の日本ハム戦で右ヒジの張りを訴えて降板した菅野智之(33)ですよ。その症状が本人の自己申告によるもので、チームドクターが診察しても患部に炎症は見られなかったといいます。いわゆる“違和感”なだけに復帰時期は本人のみぞ知るもの。エースの座を戸郷翔征(22)に奪われたことで、元来の『完璧主義』に拍車がかかって神経質になっている。そんなストレスのはけ口を酒に求めているのでしょう。最近は、夜の銀座を飲み歩く日が増えているそうです。イライラが表に出てしまうのか、ホステスの評判もよろしくないと聞きました」

 開幕投手どころか開幕ローテーション入りにも黄色信号が点灯。その大穴は新外国人で補うことになる。大リーグ評論家の友成那智氏が解説する。

「開幕投手の候補に挙がるのは、ビーディ(29)とグリフィン(27)の2人。前評判はいいのですが、いずれも20年にトミー・ジョン手術を受けたことが気がかりです。フルシーズンを先発として働けるかどうかはイチかバチかの賭けになるでしょう。ちなみにクローザー・大勢(23)の前でセットアッパーを務めるロペス(30)は問題児。マイナー時代には出奔事件を起こしています。日本の生活が合わなくて逃げ出さないか心配です」

 かつての常勝軍団が抱える爆弾は千差万別。このままでは昨季のBクラスからの浮上も怪しくなるだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴