スポーツ

エンゼルス・大谷翔平「メジャー三冠王」への道(1)メジャーの三冠王は至難の業

 野球ファンのみならず、この天才に驚かされない日はない。打ちも打ったりの6月も終わりにさしかかり、現在、本塁打と打点がリーグ1位の大谷翔平に、またもや世界がザワついている。絶好調のバッティングの先にクッキリと姿を現したのは、誰しもが憧れるあの伝説の称号なのだが‥‥。

 ア・リーグ西地区3位と健闘するエンゼルスにおいて、主に2番を務める今季の「打者・大谷翔平」(28)。「2番最強打者理論」が一般的なMLBで、その称号に恥じない打棒を発揮しているのは周知のとおりだ。

 6月23日の時点で打率は2割9分2厘3毛。これはア・リーグ10位の成績だ。そして本塁打24本、打点58は押しも押されもせぬリーグトップの数字である(以下、成績はすべて23日時点)。気の早いマスコミは、大谷の「メジャー三冠王」について可能性を言及し始めているが、

「MLBでは12年のミゲル・カブレラ(40)=タイガース=が最後の三冠王。しかもそのカブレラの前は67年のカール・ヤストレムスキー(83)の時代までさかのぼります。日本では昨年、村上宗隆(23)が三冠王を獲りましたが、67年以降では村上を含め6人の選手が3冠王を獲得している。いかにメジャーで三冠すべてを獲るのが至難の業か、ということを物語っています」(MLB記者)

 昨季はア・リーグ新記録の62本塁打など打ちまくり、リーグMVPを大谷から奪ったヤンキースの主砲、アーロン・ジャッジ(31)ですら、首位打者を獲得できずに本塁打と打点の二冠にとどまった。それを思えば、まだ7月とはいえ、三冠王を視界にとらえた大谷が、いかにすさまじいかは明らかだろう。

 現役時代はプロ野球史上最高のスイッチヒッターと呼ばれた野球評論家の松永浩美氏は、現状の大谷をこう評する。

「6月13日(日本時間、以下同)からのレンジャーズ4連戦と、17日からのロイヤルズ3連戦。この1週間の7試合で大谷は二塁打2本、本塁打6本、四死球10を記録しました。同様の記録を過去に達成したのはミッキー・マントル(95年没)とテッド・ウィリアムズ(02年没)だけで、2人とも三冠王を獲っている。そう考えれば、大谷も三冠王の条件をクリアしている、と言えるでしょう」

 松永氏が引用するデータは、エンゼルス広報担当者のTwitterでアナウンスされたもの。身内びいきで算出されたデータと言えなくもないが、スイッチヒッターとして今も最多記録の536本塁打を放ったマントルと、MLB史上最後の4割打者であるウィリアムズという、レジェンドだけが達成した大記録を大谷がマークした事実には変わりない。これは、いやがうえにも期待が高まるではないか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」