政治

岸田文雄「国民の意見を聞く」全国行脚スタートに「当事者意識がない」「認識の間違い」の酷評

 岸田文雄首相は7月から全国行脚に出かけ、対話集会などを行う。得意の「『聞く力』を改めてアピールし、政権浮揚につなげたい考え」(共同通信の報道)なのだという。これに対し「岸田首相に決定的に欠落しているのは『当事者意識』」(法政大学大学院の白鳥浩教授)、「岸田首相に欠けているのは『発信力』」(政治ジャーナリスト・安積明子氏)などと、大ブーイングが起きている。

 岸田首相は通常国会閉会後の6月21日の記者会見で、今年の夏に「政権発足の原点に立ち返って、全国津々浦々の現場におじゃまして、声を聞くことに注力する」と述べた。政権が掲げる「異次元の少子化対策」「賃上げ」などについて国民の意見を聞きたい、との意向だという。

 中でも政権の目玉である少子化対策について、岸田首相は「2030年までが、少子化トレンドを反転させるラストチャンス」と繰り返している。

 だが「未来の年表」(講談社)シリーズのベストセラー作家・河合雅司氏は「そもそも、少子化に対する認識が間違っている」(月刊「正論」8月号)と手厳しい。首相の意気込みとは裏腹に「出生数減の真の原因は、出産期(25~39歳)の女性の減少という構造的問題」と指摘しているのだ。河合氏は「甘い幻想を振りまくのではなく『出生数の減少を少しでも遅らせるため』と正直に国民に協力を呼び掛けるべきだろう」と注文をつける。

 報道各社の世論調査によれば、岸田政権の支持率は軒並み、低下している。TBSが7月2日に発表した世論調査でも、支持率は6月の前回調査から6ポイント下落して40.7%。不支持率は8.1ポイント上昇し、56.4%だった。

 過去の例を見ると、不支持率が60%台に達すれば、総選挙で大敗する。2009年と2012年、当時の麻生太郎政権、野田佳彦政権の不支持率は60%台に達し、自民党と民主党は総選挙で大敗、政権交代につながった。2000年の森喜朗政権も不支持率60%と低迷し、総選挙では40議席を近くも減らした。岸田首相はまさに、崖っぷちに立たされているのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)