芸能

元祖『国民的美少女』後藤久美子が密かなブームに!

20141105goto

 女優の後藤久美子が今、密かなブームになっている。

「化粧品メーカーのキャラクターや女性ファッション誌『GOLD』のモデルも務める事になりましたが、日本での仕事は出稼ぎではなく、あくまで気分転換を兼ねてのものです。事実婚した夫の元F1レーサーのジャン・アレジは、資産が数十億円。3人の子供に恵まれ、スイスのジュネーブに住み、フランスには別荘もあります。そんなセレブ感と、我が道を行く所も人気です。21歳で人気の頃、事務所の反対を押し切り、当時前妻との離婚調停中だったアレジとの交際を宣言したり、今も『家庭が一番なので、長期間拘束される女優業は絶対にやらない』と断言しています。そんな部分がウケ、同年代を中心に女性のカリスマ的な存在になりつつありますよ」(週刊誌記者)

 そんな密かなゴクミブームは、映画『男はつらいよ』シリーズのレンタルという形で、オヤジたちの間でも起こっているという。

「今までは『寅次郎相合い傘』(1975年)など、最も多くマドンナを務めた『リリー』役の浅丘ルリ子さんの回が人気でした。それが最近、後藤さんが出演した5作品が上回っているんです。

 同年代の男性にとって彼女は宮沢りえと共に時代を代表する存在ですから、昔を懐かしみ、観たくなるのでしょう。今の女優にない魅力がありますからね。後藤さんは『ぼくの伯父さん』(1989年)から出演。主演の渥美清さんが体調不良の為、この回から吉岡秀隆さん演じる甥の満男の恋がメインになり、その相手が後藤さんでした。重圧は凄かったと思いますが、渥美さんは彼女に期待し、何度も声を掛けたそうですよ。後藤さんも渥美さんを尊敬し、シリーズ最終作となる『寅次郎紅の花』(1995年)以降、『これを最後の作品にしたい』と映画の出演をしていません」(芸能関係者)

 渥美清も認めた『国民的美少女』の15歳から21歳までの美貌を見られる、貴重な作品という事だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…