芸能

鈴木保奈美、中山美穂、常盤貴子、後藤久美子…“美熟女優”が花盛りなワケ!

「テレビ界が美熟女ブームに沸いている」と、11月19日発売の「週刊ポスト」が報じている。

 確かに今クールでは、フジテレビの「SUITS」に鈴木保奈美、「黄昏流星群」に中山美穂が出演。来年1月のTBS日曜劇場には「グッドワイフ」で常盤貴子が主演。同じく来年上映予定の「男はつらいよ」には、23年ぶりの映画出演となる後藤久美子がヒロインを演じる。いずれも、40代後半から50代前半の熟女だ。

「現在、最もテレビを視聴しているF3層は、ここに名前の挙がった女優たちと同じ年代です。鈴木は、大手弁護士事務所の所長兼代表弁護士としてバリバリのキャリアウーマン。一方、中山は、夫の不貞を疑いつつも、娘の婚約者に心惹かれる主婦を演じています。これらは、同世代の女性にとってあこがれであり、願望をドラマの中で見せており、感情移入もしやすいからこそ、これらのドラマが受け入れられているのだと思います」(テレビ誌ライター)

 だが、第7話までの「SUITS」の平均視聴率は10.8%なのに対し、「黄昏~」は第6話までで6.7%と苦戦している。

「鈴木は、24年ぶりの月9で織田裕二と共演、1998年に石橋貴明と結婚してからは女優業を休業して家庭人だったという話題性もありますからね。一方の中山は、02年に辻仁成と結婚して長男を授かるも、14年に離婚。一人息子は辻が引き取りイクメンとして名を馳せています。女性からすれば、子供を手放した母親、とのイメージが強く、反感を持つ人も少なくありません。それが、多少なりとも視聴率に影響しているかもしれません」(芸能ジャーナリスト)

 いずれにせよF3層視聴者は、軽いアイドルドラマよりも、熟練の演技者による濃密なドラマを欲しているということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション