スポーツ

新2軍球団「オイシックス新潟」でくすぶる元広島・薮田和樹と元阪神・高山俊の「1軍復帰ロード」

 今季から2球団増え、全14球団で試合が行われているのが、プロ野球の2軍だ。新潟を本拠地にするオイシックス新潟アルビレックス・ベースボール・クラブは、戦力外となった選手を加え、イースタン・リーグ優勝を目指している。

 オイシックスは一時、ヤクルトと巨人に4連勝すると、橋上秀樹監督は「選手たちの目の輝きをすごく感じる」とホクホク顔。ところが4月16日からのロッテ戦と日本ハム戦でまさかの6連敗を喫すると、最下位に転落した。

 チームでなかなか結果が出ないのは、元広島の薮田和樹だ。2017年に15勝で最高勝率のタイトルに輝き、侍JAPANに選出されたが、翌年以降は6年間でわずか4勝しか挙げられず、戦力外通告を受けた。今季はオイシックスに移籍して1軍球団への復活を目指すも、今のところ6試合の登板で、勝ちはついていない。スポーツライターが語る。

「薮田は4月20日の日本ハム戦で4回まで無失点でしたが、5回に先頭打者を四球で歩かせると、フェンス直撃の二塁打など連打を浴びて2失点。その後は打線の援護がなく、負け投手となっています。自己最速の156キロには届きませんが、これまでなかなか出なかった150キロ超えを達成し、状態は決して悪くない。これから勝利を重ねていくことができれば、1軍復帰の可能性は見えてくるでしょう」

 元阪神ドラフト1位の高山俊も振るわない。18試合に出場した時点で、打率2割4分2厘、0本塁打、3打点。実に物足りない数字なのだ。

 高山は2015年のドラフト会議で阪神とヤクルトが競合し、抽選の末に阪神が交渉権を獲得。当時の金本知憲監督から高い評価を得て、球団としては44年ぶりに新人開幕戦1番打者としてスタメン起用され、新人賞を獲得した。前出のスポーツライターも厳しい評価を与える。

「潜在能力は高いのですが、2020年に不調に陥ってからは上向かず、2023年に戦力外通告を受けています。ここまでは阪神時代の2軍の成績とほとんど変わりません。今でも足は速いので、課題の守備力さえ向上すれば1軍へのチャンスはあるかもしれませんが、現状はかなり厳しいですね」

 今季から新規参入した「くふうハヤテ」にも同様の選手が複数、所属しており、1軍球団への返り咲きを目指して練習に励んでいる。

 来季、薮田や高山を含め、何人が表舞台に戻ることができるのか。楽しみに待ちたい。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」