芸能

千原ジュニアが奇跡連発! なんと大谷翔平と大谷亮平が「まさかの出会い」神的瞬間

 千原ジュニアが2月10日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送された「千原ジュニアのタクシー乗り継ぎ旅19」でミラクルを連発し、神回だと評判になっている。

 千原とゲストの大谷亮平は秋田県由利本荘市をスタートし、東北を横断して宮城県気仙沼市を1泊2日で走破した。

 1日目、9台のタクシーに乗ったが、「お名前ボーナス」はゼロ。これは運転手の名前に漢数字の「一」から「九」があった場合、その数字に1000を掛けた金額がプラスされるというルールだ。ボーナスをゲットした場合、望むか望まないかによらず、その分の距離を走行する必要がある。そして1日に1回はお名前ボーナスに当たることが多いが、この日はそうではなかった。

 それが2日目になると、お名前ボーナスを連発。4回も引き当てる運の強さを発揮したのである。ところが、である。千原が「珍しい」とこぼす事態が発生した。

「目的地までちょうど5000円の距離で乗ったタクシーで2000円のお名前ボーナスにブチ当たり、そのぶん歩いて戻るハメになりました。これだけでもミラクルなのですが、さらにもう一度、ボーナスがついてほしくないのに運転手さんの名前が『三浦』で、3000円分も余分に走ることになったんです。運がいいのか悪いのかなんともいえませんが、奇跡ではありますね」(テレビ誌記者)

 いや、奇跡はこれで終わらない。大谷翔平の出身地である岩手県水沢市(現・奥州市)で、大谷が幼少の頃に練習していたバッティングセンターの横を通り過ぎた。その瞬間、ジュニアは、

「大谷翔平選手が練習したバッティングセンターを見る大谷亮平さんを見てるからな、俺は」

 とドヤ顔。なかなか見られない瞬間に、ご満悦だった。

 大谷はこのために呼ばれたのではないか、という声も出るほど。しかし、先のテレビ誌記者は、

「ルートはジュニアが決めているので、水沢市を通るかどうかわかりません。イチかバチかで呼んだのであれば、見事に成功したことになります」

 野犬に襲われそうになったり、高岡早紀を激怒させたりと、過去にも多くのミラクルを連発してきた「タクシー乗り継ぎ旅」。次はどんな軌跡が起きるのか楽しみだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人