芸能

魚住りえ「スピーチ教室」大当たりはアゲチン再婚の賜物!?

20151001uozumi

 元日本テレビアナウンサーの魚住りえが、再び脚光を浴びている。きっかけは8月に発売した自著「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」のヒットだ。すでに10万部を突破したという。

 魚住といえば「所さんの目がテン!」のアシスタントでブレイク。バラエティ番組のMCとして重宝される一方、ピカイチのナレーション技術の持ち主として人気を集めた。

「私生活では熱しやすく冷めやすい性格が災いし、恋多きスキャンダルアナとして世間を騒がせた。04年に年下の森圭介アナウンサーと職場結婚したものの、元木大介や所ジョージ、東貴博らと熱愛の噂をまき散らしたことも。結局、すれ違い生活がたたって、結婚1年5カ月でスピード離婚した」(写真週刊誌記者)

 魚住はフリーアナとして活動しながら、独自のスピーチ法「魚住式スピーチメソッド」を確立。「ナレーション技術を応用したワンランク上のスピーチレッスン」というのが売りである。都内に自身が主宰する教室を開講したところ、大当たり。クチコミで受講生が増えていった。「1人でも多くの人が自信を持って話すお手伝いをしたい」とレッスンの内容をまとめたのが、先の著書出版の発端となったようだ。

「通り一遍のレクチャーで終わるのではなく、一歩踏み込んだ実践的なレッスンを行っています。スピーチトレーナーの看板を掲げた魚住が親身になってプレゼン法を伝授。いかに相手を引き付けるか、自分の目や耳で確認しながらの作業になる。噂を聞きつけ、会社経営者や、人より抜きんでたい営業マンらが列をなしているそうです」(芸能ライター)

 そんなウハウハな魚住は身長148センチと小柄だが、童顔でアラフォーとは思えない若々しさが魅力。典型的なトランジスターグラマーで、バストの張りも衰え知らずともっぱら。

「3年前に年下会社員と電撃再婚したのが、心身ともに良かったらしい。若いころからずっとアトピー性皮膚炎で悩んでいたが、化粧品を変え、規則正しい生活を送るようになったことで、激変。みるみる肌質が改善、周囲も驚くほどの美肌に変身した。それが自信につながり、奇跡のアラフォーと呼ばれるまでになった」

 定期的な男性ホルモン摂取が一番のクスリだったようで。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白