芸能

ピンク遊びをした山里亮太に女性ファンが筆ペンで送った“4文字”の手紙とは?

20160801yamazato

 南海キャンディーズの山里亮太が7月27日放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」で、びっくり仰天のファンレターが届いたことを明かした。

 日本テレビの「ヨロシクご検討ください」で、共演のバカリズムに地方でのピンク店遊びを暴露された山里。ゴールデンタイムに昇格したことで、目にした人が多かったようで、予期せぬ反応に直面したという。

 39歳・独身・彼女いない歴の長い山里は「『幻滅です』ってみんなが言ってくんの。『ガッカリです』って。『地方に行って女遊びするような人だと思いませんでした』って」と打ち明け、「行きますよ。行かないとかって思われてたのかな? 『ガッカリした』って方々は、どの俺を見てるのかなって。俺って、どういうふうに見えてるんだろう?」と真っ向から反論。セルフイメージへの疑問をぶつけた。お笑いライターが解説する。

「山里は13年前に南海キャンディーズを結成し、翌年のM-1グランプリで準優勝したことでブレイク。しかし、相方の山崎静代がボクサーに専念したことでソロ活動を余儀なくされ、ナレーションを始めました。聞き取りやすい声、絶妙なツッコミ、軽妙なアドリブ連発が高評価を受け、売れっ子ナレーターに成長。朝の番組『スッキリ!!』と『ヒルナンデス!』への起用で主婦層の好感度がアップし、“いい人キャラ”がお茶の間に浸透してきています。そんな折に、いきなりのピンク店遊びをしていることを知り、戸惑う視聴者が多かったのでしょう」

 さらに山里は、「スッキリ!!」などを観て手紙をくれるようになったファンについてこう話し始めた。

「一番ビックリしたファンレターは、筆ペンで書いてあった結構ご年配の方。大きな紙だったけど、そこに筆ペンでバッ、バッ、バッと書いてあったの。『失望した』と。ただただ『失望した』って」

 いかがわしいチャットにハマり、同棲中の彼女に逃げられて以来、山里はピンク店一辺倒。レギュラー番組では遊び方を指南したり、ぼったくりや過激体験を解説したり、下ネタも少なくない。これ以上の暴露はイメージダウンまっしぐらだが、実際とは真逆の好人物イメージは本人にとってはありがた迷惑のようだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”